本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > オーツ > オーツ 参考文献

作成日 2013年07月24日
更新日 2015年12月22日

オーツ

avena sativa
エンバク オーツ麦 オートムギ カラスムギ

オーツは、イネ科カラスムギ属の穀類の一種です。欧米では朝食用シリアルのオートミールとして親しまれています。ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれていることから、コレステロール値を下げたり、便秘を解消する効果があるといわれています。

参考文献

・クリス・D・メレティス ハーブの安全性ガイド フレスランスジャーナル社

・Chandalia M, Garg A, Lutjohann D, von Bergmann K, Grundy SM, Brinkley LJ. (2000) “Beneficial effects of high dietary fiber intake in patients with type 2 diabetes mellitus.” N Engl J Med. 2000 May 11;342(19):1392-8.

・Pick ME, Hawrysh ZJ, Gee MI, Toth E, Garg ML, Hardin RT. (1996) “Oat bran concentrate bread products improve long-term control of diabetes: a pilot study.” J Am Diet Assoc. 1996 Dec;96(12):1254-61

・He J, Klag MJ, Whelton PK, Mo JP, Chen JY, Qian MC, Mo PS, He GQ. (1995) “Oats and buckwheat intakes and cardiovascular disease risk factors in an ethnic minority of China.” Am J Clin Nutr. 1995 Feb;61(2):366-72.

・Anderson JW, Gilinsky NH, Deakins DA, Smith SF, O'Neal DS, Dillon DW, Oeltgen PR. (1991) “Lipid responses of hypercholesterolemic men to oat-bran and wheat-bran intake.” Am J Clin Nutr. 1991 Oct;54(4):678-83.

・Rondanelli M, Opizzi A, Monteferrario F, Klersy C, Cazzola R, Cestaro B. (2011) “Beta-glucan- or rice bran-enriched foods: a comparative crossover clinical trial on lipidic pattern in mildly hypercholesterolemic men.” Eur J Clin Nutr. 2011 Jul;65(7):864-71. doi: 10.1038/ejcn.2011.48. Epub 2011 Apr 20.

・Cummings JH, Bingham SA, Heaton KW, Eastwood MA. (1992) “Fecal weight, colon cancer risk, and dietary intake of nonstarch polysaccharides (dietary fiber)” Gastroenterology. 1992 Dec;103(6):1783-9.

このページのトップへ