本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > カリフラワー > カリフラワー 研究情報

作成日 2013年07月24日
更新日 2014年05月09日

カリフラワー

cauliflower
花キャベツ 花椰菜(はなやさい)
Brassica oleracea var.

カリフラワーは、冬から春にかけて旬を迎える花野菜です。カリフラワーにはビタミンCが豊富に含まれています。そのため美肌効果や免疫力を高める効果があるといわれています。また、カリフラワー特有のMATSは血栓を予防する効果があると注目されています。

カリフラワーの研究情報

【4】カリフラワージュースには、カビ等の真菌を抑制する働きがあることが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12837360

【5】メチルアリルトリスルフィドには、抗菌、抗がん、抗トロンビン作用があることが分かっています。そのため、血栓になりにくい働きがある可能性が考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16823096

【6】メチルアリルトリスルフィドには、抗凝固作用があることが分かっています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10192909

【7】アレルギー性喘息マウスにビタミンCを1日当たり130mg/kg の量で5週間摂取させたところ、好酸球の浸潤が抑制されました。また免疫物質インターフェロン、IL-5が増加したことから、ビタミンCが抗アレルギー作用と免疫力向上作用を持つことが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19831405

このページのトップへ