本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > キナ酸 > キナ酸 研究情報

作成日 2013年07月30日
更新日 2014年05月09日

キナ酸

quinic acid

キナ酸とは、アカネ科の樹木キナから発見された成分で、クランベリーの実やコーヒーの種子に含まれています。キナ酸が体内に入ると馬尿酸に変化し、尿を酸性に保ちます。そのため膀胱炎や尿路感染症を予防する効果が期待できます。

キナ酸の研究情報

【4】ブラジル産プロポリスに含まれる3,4ジカフェオイルキナ酸及び3,5ジカフェオイルキナ酸が酸化ストレスに伴う神経保護作用に努めることが報告されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17046025

【5】神経細胞であるSH-SY5Y細胞に、カフェオイルキナ酸を添加したところ、アミロイドβ誘発による神経細胞死が抑制されました。また、老化促進マウス(SMAP8マウス)へカフェオイルキナ酸を投与し、モリスの水迷路試験を行ったところ、マウスの記憶力や学習能力が向上したことが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20570715

このページのトップへ