本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ベイリーブス(月桂樹) > ベイリーブス(月桂樹) 参考文献

作成日 2013年08月01日
更新日 2014年05月21日

ベイリーブス

bayleaves
ローレル ローリエ 月桂樹 ゲッケイジュ るり葉
Laurus nobilis

ベイリーブスはクスノキ科の植物で、日本では月桂樹の名で親しまれています。ベイリーブスの葉は、甘さを含んだスパイシーな香りが特徴で、煮込み料理、スープベース、クリームソースなど料理に幅広く利用されています。消化を促進する効果や抗菌・抗ウイルス効果、リウマチや関節炎の症状を緩和する効果が期待できます。

参考文献

・五明紀春 食材健康大事典 時事通信社

・鈴木洋 漢方のくすりの事典 医歯薬出版

・朝倉邦造 天然食材・薬品・香粧品の事典 朝倉出版

・トム・ストバート著 世界のスパイス百科 鎌倉書房

・田中孝治 薬になる植物百科 主婦と生活社

・アースプランツ リサーチ オーガニゼーション監修 HERB BIBLE 双葉社

・榮 昭博、関崎 悦子 (2007) “膵臓および唾液α-アミラーゼ活性に及ぼす食品等の抽出物の影響” 桐生短期大学紀要 18, 17-22, 2007-12-00

・松田 久司、植村 俊昭、下田 博司、二宮 清文、吉川 雅之、河原 有三 (2000) “西洋ハーブ"月桂樹"および"菩提樹"の抗アルコール活性成分” 天然有機化合物討論会講演要旨集 (42), 469-474, 2000-10-01

・Fukuyama N, Ino C, Suzuki Y, Kobayashi N, Hamamoto H, Sekimizu K, Orihara Y. (2011) “Antimicrobial sesquiterpenoids from Laurus nobilis L.” Nat Prod Res. 2011 Aug;25(14):1295-303. doi:10.1080/14786419.2010.502532. Epub 2011 Jun 24.

・Otsuka N, Liu MH, Shiota S, Ogawa W, Kuroda T, Hatano T, Tsuchiya T. (2008) “Anti-methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA) compounds isolated from Laurus nobilis.” Biol Pharm Bull. 2008 Sep;31(9):1794-7.

・Sayyah M, Saroukhani G, Peirovi A, Kamalinejad M. (2003) “Analgesic and anti-inflammatory activity of the leaf essential oil of Laurus nobilis Linn.” Phytother Res. 2003 Aug;17(7):733-6.

・Matsuda H, Shimoda H, Ninomiya K, Yoshikawa M. (2002) “Inhibitory mechanism of costunolide, a sesquiterpene lactone isolated from Laurus nobilis, on blood-ethanol elevation in rats: involvement of inhibition of gastric emptying and increase in gastric juice secretion.” Alcohol Alcohol. 2002 Mar-Apr;37(2):121-7.

・Qnais EY, Abdulla FA, Kaddumi EG, Abdalla SS. (2012) “Antidiarrheal activity of Laurus nobilis L. leaf extract in rats.” J Med Food. 2012 Jan;15(1):51-7. doi: 10.1089/jmf.2011.1707. Epub 2011 Nov 14.

このページのトップへ