本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ナリンギン > ナリンギン 参考文献

作成日 2013年08月22日
更新日 2014年04月19日

ナリンギン

naringin

グレープフルーツやはっさくなどのミカン科植物の果実に含まれるポリフェノールの一種で、苦み成分です。
グレープフルーツを食べると舌がヒリヒリするのは、ナリンギンの性質によるものです。食欲抑制や抗酸化などの効果があり、毛細血管を強化して血流改善、抗アレルギーなどの効果があります。

参考文献

・五明紀春 食材健康大事典 時事通信社

・工藤秀機 蒲池桂子 栄養を知る事典 日本文芸社

・大澤 俊彦 監修 抗肥満食品・素材の開発と応用展開―メタボリックシンドロームにおけるバイオマーカーの確立と応用 シーエムシー出版

・Alam MA, Kauter K, Brown L. (2013) “Naringin improves diet-induced cardiovascular dysfunction and obesity in high carbohydrate, high fat diet-fed rats.” Nutrients. 2013 Feb 27;5(3):637-50.

・Chanet A, Milenkovic D, Deval C, Potier M, Constans J, Mazur A, Bennetau-Pelissero C, Morand C, Bérard AM. (2012) “Naringin, the major grapefruit flavonoid, specifically affects atherosclerosis development in diet-induced hypercholesterolemia in mice.” J Nutr Biochem. 2012 May;23(5):469-77.

・Gorinstein S, Leontowicz H, Leontowicz M, Krzeminski R, Gralak M, Delgado-Licon E, Martinez Ayala AL, Katrich E, Trakhtenberg S. (2005) “Changes in plasma lipid and antioxidant activity in rats as a result of naringin and red grapefruit supplementation.” J Agric Food Chem. 2005 Apr 20;53(8):3223-8.

・Tereschuk ML, Baigorí MD, De Figueroa LI, Abdala LR. (2004) “Flavonoids from Argentine Tagetes (Asteraceae) with antimicrobial activity.” Methods Mol Biol. 2004;268:317-30.

このページのトップへ