本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ブラックベリー > ブラックベリー 参考文献

作成日 2013年08月22日
更新日 2014年05月21日

ブラックベリー

European blackberry bramble bewberry
セイヨウヤブイチゴ
Rubus fruticosus

ブラックベリーは、バラ科キイチゴ属の植物で、6月末から9月中頃成熟した実がなります。ブラックベリーは、生食でもおいしく食べられますが、ジャムやジュース、ワインなどにも使用されます。また根皮には収れん作用を持つタンニンを含んでおり、下痢にも効果があります。

参考文献

・則岡孝子監修 栄養成分の事典 新星出版社

・大羽和子 翻訳 世界食材事典 柴田書店

・Kaume L, Howard LR, Devareddy L. (2011) “The Blackberry Fruit: A Review on Its Composition and Chemistry, Metabolism and Bioavailability, and Health Benefits.” J Agric Food Chem. 2011 Dec 8. [Epub ahead of print]

・Ferreira de Araujo PR, da Silva Santos V, Rodrigues Machado A, Gevehr Fernandes C, Silva JA, da Silva Rodrigues R. (2011) “Benefits of blackberry nectar (Rubus spp.) relative to hypercholesterolemia and lipid peroxidation.” Nutr Hosp. 2011 Sep-Oct;26(5):984-90. doi: 10.1590/S0212-16112011000500010.

・Tavares L, Figueira I, McDougall GJ, Vieira HL, Stewart D, Alves PM, Ferreira RB, Santos CN. (2013) “Neuroprotective effects of digested polyphenols from wild blackberry species.” Eur J Nutr. 2013 Feb;52(1):225-36.

・Wongsamitkul N, Sirianant L, Muanprasat C, Chatsudthipong V. (2010) “A plant-derived hydrolysable tannin inhibits CFTR chloride channel: a potential treatment of diarrhea.” Pharm Res. 2010 Mar;27(3):490-7.

・Plein K, Burkard G, Hotz J. (1993) “[Treatment of chronic diarrhea in Crohn disease. A pilot study of the clinical effect of tannin albuminate and ethacridine lactate].” Fortschr Med. 1993 Mar 10;111(7):114-8.

このページのトップへ