本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > レスベラトロール > レスベラトロール研究情報

作成日 2012年09月07日
更新日 2016年06月17日

レスベラトロール

resveratrol

レスベラトロールとは、サンタベリーやブドウなどに含まれるポリフェノールの一種であり、サプリメントや化粧品に配合され美容成分として高い注目を集めています。強い抗酸化力を持ち、細胞の酸化を防ぐとともに、肌の弾力を改善するなど、体を健康的に若々しく保つ効果が期待される成分です。

レスベラトロールの研究情報


【4】ヒトメラノサイトの初代培養細胞にレスベラトロールを添加したところ、チロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの形成を抑えることが確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17460731

【5】豚の網膜の細動脈にレスベラトロールを投与すると、血管拡張作用が確認されました。レスベラトロールは、血管内皮細胞に働きかけ、血管拡張物質NO(一酸化窒素)を増加させ、また、血管平滑筋に直接働きかけ血管を拡張させることがわかりました。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17724212

【6】C57BL/KsJ-db/dbの遺伝性肥満マウスに、レスベラトロール(0.005%および0.02%, w/w)を添加したエサを6週間与えました。レスベラトロールを数回与えると、血中グルコースや血漿遊離脂肪酸などの濃度が低下し、AMPプロテインキナーゼが活性化されました。さらに肝臓の解糖系遺伝子の発現と骨格筋グリコーゲン合成酵素たんぱく質の活性を有意に高めました。レスベラトロールは血糖コントロールや異脂肪血症を改善し、糖尿病治療薬としての可能性があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22715031

【7】マウスに高脂肪食と共にレスベラトロール200 mg/kg を摂取させると、体重の増加や肝臓のコレステロールの蓄積が抑制されました。レスベラトロールは肝臓の酵素である7α‐ヒドロキシラーゼを活性化させるため、高脂肪食による脂質異常を抑制する効果があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22607622

【8】豚に動脈硬化を発症させるエサと共にレスベラトロールを含むブドウエキスを摂らせると、脂肪の蓄積が軽減し、動脈のしなやかさが維持されました。レスベラトロールには動脈硬化を予防する効果が期待できます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22594392

【9】紫外線により日焼けした肌は、紅斑を生じますが、レスベラトロールを塗布することにより、日焼けした細胞の増加を抑制し、紅斑の面積を減少させたことから、レスベラトロールの塗布による皮膚への紫外線保護作用が確認されました。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22221158

【10】ヒトの表皮角化細胞にレスベラトロールを添加したところ、炎症に関係するNF-κBという転写因子の活性化を抑えることが確認されました。このことから、レスベラトロールは肌の炎症を抑える可能性が示されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12659672

【11】ニキビを持つ20名の若者(18~23歳)に対して、レスベラトロール入りのゲル化粧品を塗布したところ、すべての被験者において、ニキビが改善されることが確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21348544

【12】高脂肪・高コレステロールの餌を食べさせた豚27頭に餌と共に赤ワインまたはウォッカを7週間摂らせたところ、赤ワインを摂取した豚では、SOD酵素などの抗酸化酵素の酸化が抑制された他、血圧上昇に関係する毛細血管の内皮細胞の働きが緩和されました。これは赤ワインに含まれるレスベラトロールなどのポリフェノールが内皮機能障害を改善し、心臓保護効果を持つためと考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22748601

【13】糖尿病腎症マウスにレスベラトロールを与えることで代謝関連物質 FoxO1活性が有意に高まり、抗酸化酵素SOD活性を上昇させ、Ⅳ型コラーゲンの部分変異を抑制しました。レスベラトロールに腎臓病に対する保護作用が確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22733486

【14】肺炎マウスにレスベラトロール100 mg/kg を摂取させると、肺血管透過性と炎症の抑制、浸潤細胞の減少、白血球細胞T細胞の活性化を抑制することがわかり、レスベラトロールには肺炎症を予防する働きがあることが示唆されました。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22646800

【15】豚水晶体上皮細胞において、レスベラトロールを25μM 投与すると、水晶体での活性酸素の減少と、水晶体の細胞老化の指標であるSA-β-ガラクドシダーゼの上昇を抑制する結果が得られました。そのためレスベラトロールは白内障の予防に役立つと考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21345980

このページのトップへ