本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > プロテオグリカン > プロデオグリカン 研究情報

作成日 2013年08月22日
更新日 2014年04月30日

プロテオグリカン

proteoglycan

プロテオグリカンとは、たんぱく質に糖が結合した糖たんぱく質のことです。体内では、軟骨や皮膚に存在しており、保水力に優れているため肌にハリや潤いを与える役割を持っています。美肌効果や変形性関節症の症状を緩和する効果が期待できます。

プロテオグリカンの研究情報


【4】デキストラン誘発大腸炎を引き起こしたマウスにプロテオグリカンを投与すると、投与していない群に比べて出血に伴う貧血が緩和されたことから、プロテオグリカンが高い機能性を有すると考えられています。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003987759

【5】可溶性細胞外マトリックスプロテオグリカンであるデコリンがPDCD4(programmed cell death 4)とmiR-21(microRNA-21)の2つの機構を介して炎症と腫瘍増殖をコントロールすることから、プロテオグリカンは抗炎症作用を有すると考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22087031

このページのトップへ