本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > クラウドベリー > クラウドベリー 研究情報

作成日 2013年08月22日
更新日 2014年05月10日

クラウドベリー

cloudberry
ホロムイイチゴ 幌向苺
Rubus chamaemourus

クラウドベリーとは、亜寒帯地域ならびに高山地域の沼地に生育する果実です。ビタミンCやポリフェノール、エラジタンニンが豊富に含まれていることが特徴で、免疫力を高めたり腸内環境を整える働きがあります。

クラウドベリーの研究情報

【4】アレルギー性喘息マウスにビタミンCを1日当たり130mg/kg の量で5週間摂取させたところ、好酸球の浸潤が抑制されました。また免疫物質インターフェロン、IL-5が増加しました。クラウドベリーはビタミンCを豊富に含むことから、抗アレルギー作用と免疫力向上作用が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19831405

【5】成人男女20,630名において、性別や摂取栄養素、ライフスタイルと排便回数との関係を調査した結果、食物繊維が多い人ほど、排便回数が多いことが確認されました。クラウドベリーは食物繊維を豊富に含むことから、腸内環境を整えると期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14972075

【6】エラジタンニンは、ヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を抑制することが分かりました。クラウドベリーはエラジタンニンを豊富に含むことから、胃腸の健康を整えると期待されています。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008732360

このページのトップへ