本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > グリコーゲン > グリコーゲン 参考文献

作成日 2013年08月22日
更新日 2014年05月13日

グリコーゲン

glycogen

グリコーゲンとは、カキ、エビなどに含まれている多糖類で、エネルギーを貯蔵し人間の活動に欠かせないものです。
普段は、肝臓や骨格筋等に蓄えられており、急激な運動を行う際のエネルギー源として、あるいは空腹時の血糖維持に利用されます。

参考文献

・中屋豊 よくわかる栄養学の基本としくみ 秀和システム

・則岡孝子 著 ひと目でわかる あなたに必要な栄養成分と食べ物 河出書房新社

・日経ヘルス 編 サプリメント大事典 日経BP社

・則岡孝子監修 栄養成分の事典 新星出版社

・川端輝江 しっかり学べる!栄養学 ナツメ社

・PECK RITTER リッター生化学 東京化学同人

・小林修平 監修 最新栄養学 建帛社

・日本薬学会 編 環境・健康科学辞典 丸善

・Greiwe JS, Hickner RC, Hansen PA, Racette SB, Chen MM, Holloszy JO. (1999) “Effects of endurance exercise training on muscle glycogen accumulation in humans.” J Appl Physiol. 1999 Jul;87(1):222-6.

・Nakatani A, Han DH, Hansen PA, Nolte LA, Host HH, Hickner RC, Holloszy JO. (1997) “Effect of endurance exercise training on muscle glycogen supercompensation in rats.” J Appl Physiol. 1997 Feb;82(2):711-5.

・Takahashi T, Suzuki M. (1975) “Influence of thyroid hormone on glycogen metabolism in rat liver.” Endocrinol Jpn. 1975 Jun;22(3):187-94.

このページのトップへ