本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > テアフラビン > テアフラビン 参考文献

作成日 2013年08月23日
更新日 2014年04月19日

テアフラビン

theaflavin

テアフラビンとは、ポリフェノールの一種でカテキンが発酵してできる赤い色素です。紅茶などに含まれており、強い抗酸化力を持ち、殺菌効果や風邪を予防する効果があります。また、インフルエンザを予防する効果も期待されています。

参考文献

・木多京子 根本幸夫 伊田喜光 田口進 食の医学館
・Betts JW, Wareham DW, Kelly SM, Haswell SJ. (2013) Antifungal synergy of theaflavin and epicatechin combinations against Candida albicans.” J Microbiol Biotechnol. 2013 May 27.

・Yang J, Li L, Jin H, Tan S, Qiu J, Yang L, Ding Y, Jiang ZH, Jiang S, Liu S. (2010) “Vaginal gel formulation based on theaflavin derivatives as a microbicide to prevent HIV sexual transmission.” AIDS Res Hum Retroviruses. 2012 Nov;28(11):1498-508.

・Zu M, Yang F, Zhou W, Liu A, Du G, Zheng L. (2007) “In vitro anti-influenza virus and anti-inflammatory activities of theaflavin derivatives.” Antiviral Res. 2012 Jun;94(3):217-24.

・田中隆 (2008)“植物ポリフェノールに関する化学的研究とその紅茶色素生成機構解明への展開” YAKUGAKU ZASSHI Vol. 128 (2008) No. 8 P 1119-1131

このページのトップへ