本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > キャットニップ > キャットニップ 参考文献

作成日 2013年08月23日
更新日 2014年05月09日

キャットニップ

catnip
キャットミント イヌハッカ チクマハッカ
Nepeta cataria

キャットニップは、シソ科イヌハッカ属の植物でハーブの一種です。西アジアやヨーロッパ原産の多年草で、現在ではヨーロッパ、アジア、中国、朝鮮半島等北半球各地で見られます。このキャットニップはハッカに少し似た味がすると言われており、ハーブティーとしても利用されるほか、サラダや肉料理にも使われます。

参考文献

・トム・ストバート 世界のスパイス百科 鎌倉書房

・田中平三、門脇孝、篠塚和正、清水俊雄、山田和彦、石川広己、東洋彰宏 健康食品・サプリメント〔成分〕のすべて-ナチュラルメディシンデータベース- 株式会社同文書院

・村井 不二男、田川 素子、井上 博之、石田 寿昌、井上 正敏 (1987) “A New Iridoid Glucoside, Nepetariaside, from Nepeta cataria(Organic,Chemical)” Chemical & pharmaceutical bulletin 35(6), 2533-2537, 1987-06-25

・Massoco CO, Silva MR, Gorniak SL, Spinosa MS, Bernardi MM. (1995) “Behavioral effects of acute and long-term administration of catnip (Nepeta cataria) in mice.” Vet Hum Toxicol. 1995 Dec;37(6):530-3.

・Nostro A, Cannatelli MA, Crisafi G, Alonzo V. (2001) “The effect of Nepeta cataria extract on adherence and enzyme production of Staphylococcus aureus.”

・Ganzera M, Crockett S, Tellez MR, Khan IA. (2001) “Determination of nepetalactone in Nepeta cataria by reversed phase high performance liquid chromatography.” Pharmazie. 2001 Nov;56(11):896-7.

・Baranauskiene R, Venskutonis RP, Demyttenaere JC. (2003) “Sensory and instrumental evaluation of catnip (Nepeta cataria L.) aroma.” J Agric Food Chem. 2003 Jun 18;51(13):3840-8. 

このページのトップへ