本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ティートリー > ティートリーの研究情報

作成日 2014年10月20日
更新日 2014年10月20日

ティートリー

Melaleuca alternifolia TeaTree
ペーパーバークトリー ティーツリー ティートゥリー

ティートリーは、オーストラリア原産の植物で、昔から先住民のアボリジニによって、感染症や傷などに対する万能薬として利用されてきました。現在、ティートリーは強い抗菌効果をもつことから、水虫やにきびの改善だけでなく、インフルエンザ対策としても注目されています。

ティートリーの研究情報

【4】ティートリーの精油には殺線虫効果があるとされている。本試験ではアニサキスの幼虫に対してのその殺虫効果を試験したところ、7~10μL/mLを添加することで48時間後にすべての虫に対して効果を示した。このことより、ティートリーには人のアニサキスに対する治療効果の可能性があると考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24967378

【5】ティートリーから醸造したオイルは抗炎症作用があることが知られている。今回ティートリーに含まれているテルピネオールの免疫調整能について試験を行った。ティートリーにはIL-1β・IL-6・IL-10の生成を抑制する働きがあった。結果、ティートリーにはLPS刺激による炎症を抑える効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24947163

【6】本研究ではトリパノソーマに感染したラットに対するティートリーオイルを服用させた際の肝臓と腎臓の機能と免疫機能について調査した。ラットを4群に分けて(1mL/kgのオイルを飲んでいる・いない、トリパノソーマに感染している・していない)試験を行ったところ、オイルを飲んでいる群ではどちらの群も肝臓と腎臓に異常は見つからなかった。また、感染している群にオイルを飲ませたところその治療効果が認められたから、
ティートリーはトリパノソーマに対する予防効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24731531

【7】歯磨き粉にティートリーを配合し、24人の被験者に対して、口の中の細菌数などの調査をしたところ、配合歯磨きを利用した群に口腔(コロニー数・プラークの数)の改善が見られたことから、ティートリーはデンタルケアに役立つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24485734


このページのトップへ