本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > カレープラント > カレープラント 参考文献

作成日 2015年12月02日
更新日 2015年12月19日

カレープラント

エバーラスティング  イモテール  Carry Plant  Helichrysum italicum 

カレープラントは、キク科ムギワラギク属の植物です。その名の通りカレーのような香りが特徴的ですが、カレー粉の原料に使われているわけではありません。その特徴的な香りから料理の香り付けとして使用されることが多く、他にもドライフラワーやポプリとして用いられます。また、血流の改善やリラックス効果もあるといわれております。

参考文献

・Taglialatela-Scafati O, Pollastro F, Chianese G, Minassi A, Gibbons S, Arunotayanun W, Mabebie B, Ballero M, Appendino G.. (2013) “Antimicrobial phenolics and unusual glycerides from Helichrysum italicum subsp. microphyllum.” J Nat Prod. 2013 Mar 22;76(3):346-53.Nov 9;59(21):11367-84.

・Rigano D, Formisano C, Senatore F, Piacente S, Pagano E, Capasso R, Borrelli F, Izzo AA. (2014) “Intestinal antispasmodic effects of Helichrysum italicum (Roth) Don ssp. italicum and chemical identification of the active ingredients.” J Ethnopharmacol. 2014 Dec 12;150(3):901-6.

・D'Abrosca B, Buommino E, D'Angelo G, Coretti L, Scognamiglio M, Severino V, Pacifico S, Donnarumma G, Fiorentino A. (2013) “Spectroscopic identification and anti-biofilm properties of polar metabolites from the medicinal plant Helichrysum italicum against Pseudomonas aeruginosa.” Bioorg Med Chem. 2013 Nov 15;21(22):7038-46.

・Sala A, Recio M, Giner RM, Máñez S, Tournier H, Schinella G, Ríos JL. (2002) “Anti-inflammatory and antioxidant properties of Helichrysum italicum.” J Pharm Pharmacol. 2002 Mar;54(3):365-71.


このページのトップへ