本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > タラゴン > タラゴン 参考文献

作成日 2016年01月15日
更新日 2016年01月15日

タラゴン

エストラゴン  フレンチタラゴン
Artemisia dracunculus  Artemisia glauca  Tarragon 

タラゴンは、キク科ヨモギ属のハーブの一種です。古くから薬草として知られていますが、現在では料理に使用されることが多く、特にフランス料理には欠かせないハーブとなっています。また、タラゴンに含まれるエストラゴールには、リラックス効果があるためマッサージのオイルとしても使用されています。

参考文献

・Weinoehrl S, Feistel B, Pischel I, Kopp B, Butterweck V (2012) “Comparative evaluation of two different Artemisia dracunculus L. cultivars for blood sugar lowering effects in rats.” Phytother Res. 2012 Apr;26(4):625-9.


・Obolskiy D, Pischel I, Feistel B, Glotov N, Heinrich M. (2011) “Artemisia dracunculus L. (tarragon): a critical review of its traditional use, chemical composition, pharmacology, and safety.” J Agric Food Chem. 2011 Nov 9;59(21):11367-84.


・Maham M, Moslemzadeh H, Jalilzadeh-Amin G. (2014) “Antinociceptive effect of the essential oil of tarragon (Artemisia dracunculus).” Pharm Biol. 2014 Feb;52(2):208-12.


・Kirk-Ballard H, Wang ZQ, Acharya P, Zhang XH, Yu Y, Kilroy G, Ribnicky D, Cefalu WT, Floyd ZE. (2013) “An extract of Artemisia dracunculus L. inhibits ubiquitin-proteasome activity and preserves skeletal muscle mass in a murine model of diabetes.” PLoS One. 2013;8(2):e57112.

このページのトップへ