本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ユーカリ

作成日 2011年08月25日
更新日 2013年03月28日

ユーカリ

eucalyptus
ユーカリノキ  tasmanian blue gum

オーストラリアの南東端部とタスマニア島に分布しているフトモモ科の常緑高木です。生長が早いので世界各地で造林用に用いられ、公園などにも植えられています。ユーカリの葉を水蒸気蒸溜して得られる精油成分は、アロマテラピーやのど飴などの食品香料、うがい薬などに利用されています。

ユーカリの健康効果
◎精神を安定させる効果
◎炎症を抑制する効果
◎抗菌・抗ウイルス効果
◎血行を促進する効果
◎口臭を予防する効果
◎防虫効果

目次

ユーカリとは

●基本情報
ユーカリはフトモモ科ユーカリ属の木です。成長がとても早く、原産のオーストラリアでは70mを越える大木になります。和名のユーカリは、学名の英語発音、ユーカリプタスを日本で短縮した略称に由来します。学名の語源は eu-(真に・強く・良く)+ kalyptós(~でおおった)、つまり「良い蓋」を意味するギリシア語をラテン語化したもので、花の蕾がガクと花弁が合着して蓋に覆われていること、または、乾燥地でもよく育ち大地を緑で被うことに由来して命名されたとされています。ユーカリはマラリアが流行する国々で育つ傾向があり、土地の水はけを良くして健康な風土を生み出すことに役立ちます。薬用の「熱の木」として知られており、虫除けや空気の消毒作用もあります。ユーカリの葉は大きくて表面が革のように硬く、ユーカリプとるという揮発性の油分をだす腺を持っています。
ユーカリの葉の精油成分に含まれている成分はシネオールが70%~85%で、他にカンフェン、ピネンなどがあります。ユーカリの精油の多くはアロマテラピー[※1]に利用されています。

●ユーカリの歴史
ユーカリの精油を含有する軟膏は昔からオーストラリア原住民のアボリジニ民族の間で「キノ」と呼ばれ傷や菌が繁殖して炎症している箇所を治す治療薬として使用され、古くからその暮らしに役立てられていました。 アルジェリアの深刻な熱病地域にマラリア対策として植えられ、5年間で空気を無害にしたともいわれています。1788年前後に装飾の用途でヨーロッパに導入され、シドニーペパーミントの名で親しまれています。日本には明治10年ごろに種子が持ち込まれ、大正時代の中頃に、植えれば空気がきれいになるという利点があると言われ、「有加利」の当て字が使われました。現在、産業上有用なことから、世界各地で栽培され、幹は紙の原料や木材として利用されています。

<豆知識>コアラとユーカリ
ユーカリはその葉に毒素を含み、通常は動物の餌として適していません。しかし、コアラはとてもおとなしく、他の動物と戦って食料を確保することもできないので、他の動物が住み着かないユーカリの森に住み、そして他の動物が食べないユーカリの葉を食べるような生態を持つことによって生きのびてきました。

●ユーカリを摂取する際の注意点
ユーカリは強力な精油で、アレルギー反応を起こす人もいるので、精油などの使用に際しては少量で行わなければなりません。また、肌の弱い方、目の周りでの使用は注意が必要です。

[※1:アロマテラピーとは、花や木など植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を用いて、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法です。]

このページのトップへ

ユーカリの効果

●精神を安定させる効果
ユーカリの葉の精油成分は気持ちや感情の乱れを鎮め、集中力を高める効果があります。

●炎症を抑制する効果
粘膜の炎症を抑制する働きとともに、過剰な粘液を排出する働きがあるので、風邪による喉の痛み、鼻づまり、インフルエンザ、花粉症などに効果があります。また、関節や粘膜の炎症を鎮め、筋肉痛やリウマチの症状をやわらげます。【1】【3】【4】【5】

●抗菌・抗ウイルス効果 
ユーカリは殺菌効果が高く、ハウスダストによる空気の汚れなどにも有効とされています。また、ユーカリの葉の精油成分に含まれている成分、シネオールが、優れた抗菌作用で風邪や感染症の予防に役立ちます。【2】

●血行を促進する効果
ユーカリの葉に含まれるシオネールには、血行を促進する作用があり、老廃物をスムーズに排出させます。また、血行を促進し脳内の血流量を増やしたり、筋肉の痛み、肩こり、頭痛などを緩和します。

●口臭を予防する効果
消臭作用に優れていることから、消臭スプレーなどにも利用されています。
またユーカリの優れた殺菌作用は、口臭予防としても役立つといわれています。【7】【8】

●防虫効果
多くのアレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎の原因とされているヒョウヒダニの忌避効果に優れています。ヒョウヒダニは普通の洗剤や石鹸たけでは駆除しにくいので、ユーカリが効果的とされています。【6】

このページのトップへ

ユーカリは食事やサプリメントで摂取できます

こんな方におすすめ

○心を落ち着かせたい方
○集中力や記憶力を向上させたい方
○鼻づまりの方
○風邪をひきやすい方
○血流を改善したい方
○口臭を防ぎたい方

ユーカリの研究情報

【1】ユーカリオイルの19の精油成分が同定され、ユーカリオイル全体のうちシトロネラールが85.3%を占めます。ユーカリは、ラットにおけるホルマリン誘発浮腫を抑制するほか、解熱鎮痛作用を持つことがわかり、さらにその効力はレモングラスよりも強いことが確かになったため、ユーカリは抗炎症作用を持っていると考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23065287

【2】ユーカリを含む5種類のハーブの精油成分を調べたところ、ユーカリの精油成分が抗菌作用を持つことがわかり、機能性が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21979069

【3】慢性閉塞性肺疾患患者から抽出培養した肺胞マクロファージに、ユーカリの精油を用いたところ、炎症促進物質LPSによるマクロファージからの活性酸素の放出やTNFαの増加が抑制されたことから、ユーカリは抗酸化作用ならびに抗炎症効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20156758

もっと見る

このページのトップへ

参考文献

・林真一郎 編 メディカルハーブの事典 東京堂出版

・ヴィクトリア・ザック ハーブティーバイブル 東京堂出版

・佐々木 薫 ハーブティー事典 池田書店

もっと見る

このページのトップへ

この成分を見た人はこんな成分も見ています