本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > レモンバーベナ

作成日 2011年10月31日
更新日 2013年03月28日

レモンバーベナ

lemon verbena
ベルベーヌ 香水木(コウスイボク) aloysia triphylla

レモンバーベナは、レモンによく似た香りがするハーブです。鼻や喉の詰まりを緩和させたり、消化不良や吐き気などの症状をやわらげる働きがあります。夕食後から就寝までのリラックスタイムに最適なハーブティーとして、イブニングティーの愛称で親しまれています。

レモンバーベナの健康効果
◎リラックス効果
◎消化を促進する効果
◎食欲増進効果

目次

レモンバーベナとは

●基本情報
レモンバーベナとは、アルゼンチン、チリ、ペルーといった南アメリカ原産のクマツヅラ科イワダレソウ属の落葉低木です。夏の盛りに白や淡い藤色の花を咲かせます。最もレモンらしい香りといわれ利用しやすいのがレモンバーベナです。レモンの香りを活かして、鶏肉や魚の料理に使ったり、ケーキやアイスクリームなどの風味づけに利用したりします。また、ドライハーブでもフレッシュハーブでもハーブティーとして楽しめ、ドライハーブは香りを失いにくいことが特徴です。レモンバーベナティーはレモンに似た清涼感ある香りです。レモンイエローの美しい水色で、酸味の中にかすかな甘みがあり、まろやかな風味です。レモンバーベナティーはフランス語で「ベルベーヌ」と呼ばれ、フランス人が食後に好んで飲むハーブティーとして有名で、カフェの定番メニューにもなっています。特にフランスの女性に好んで飲まれています。レモンバーベナの精油は、香気成分が飛ぶ前に素早く水蒸気蒸溜法という方法で抽出します。主な精油成分は、レモンにも含まれるシトラールで、他にはネロール[※1]、ゲラニオール[※2]が含まれています。

<豆知識①>アメリカ南部でポピュラーなハーブ
アメリカ南部でもポピュラーなレモンバーベナは、古くからアメリカ南部の女性たちに愛され、香水に用いられてきました。1939年製作の名作映画「風と共に去りぬ」にも、主人公の母親の香水として登場しています。

●レモンバーベナの歴史
18世紀にスペイン人によってヨーロッパに伝えられ、この頃からイギリスの庭園で栽培されるようになりました。以来、香料用に栽培されています。食事の際に指を洗うフィンガーボールの香りづけにも使われました。現在も、コールドウォーターのデカンタにレモンを入れる代わりにレモンバームをひと枝さして香りを加えるといった使われ方があります。また、Verbena(バーベナ)は、月桂樹、祭壇を飾る草、聖なる枝、という、神聖な植物の意味があり、レモンのような香りがする葉や枝をもつ神聖なこの木は、何かを誓う時や、犠牲を捧げる時などに、よくこの枝が用いられたと言われています。 古代のペルー人も、レモンバーベナの薬効や飲みものとしての利用法をよく知っていたらしく、アンデス山脈の高度差に順応するための常備飲料としていました。エクアドルのビルカバンバは世界一の長寿村として知られていますが、この村の人々はレモンバーベナティーを愛飲しています。

<豆知識②>コレラとレモンバーベナ
和名、防臭木は明治の末にコレラ[※3]が流行した時に、コレラ避けに使用されたとされています。主に匂い消しに使用され、殺菌作用があることも知られていました。

●レモンバーベナの栽培方法
日当たりのよい、やせ地を好みます。寒さに敏感ですが、比較的栽培しやすい植物で、灌水や施肥を怠っても成長します。霜柱が立ちにくい場所に植えれば越冬することもありますが、基本的には耐寒性はありませんので、冬場は室内に入れて栽培します。8月~9月に白色の小さな花をつけ、高さ90~120cmに成長します。原産地である中南米では3mにまで育ちます。

●レモンバーベナを摂取する際の注意点
長期にわたって多量に飲むと、胃を刺激する場合があるので注意が必要です。

[※1:ネロールとは、 バラのような甘い香りがする無色の液体のことです。香料として用いられています。]
[※2:ゲラニオールとは、 バラに含まれる香気成分で、抗菌、抗不安、皮膚弾力回復などの作用があります。]
[※3:コレラとは、コレラ菌を病原体とする感染症の一種です。下痢や嘔吐などの症状が現れます。]

このページのトップへ

レモンバーベナの効果

●リラックス効果
鎮静作用があるので、神経の緊張している時や、イライラする時、落ち込んでいる時にレモンバーベナのハーブティーを飲むと、高ぶる神経を鎮めてゆったりとした気分になれます。頭痛や吐き気、うつ症状や不眠症をやわらげる働きも期待されます。

●消化を促進する効果
食後にレモンバーベナティーを飲むと、消化を促して胃腸の働きを助けます。しかし、長期にわたって多量に飲むと胃を刺激する場合があるので注意が必要です。【1】

●食欲増進効果
消化促進の働きがあり、食欲のないときや胃が重たいときにもレモンバーベナのハーブティーを飲むと効果的です。

このページのトップへ

レモンバーベナは食事やサプリメントで摂取できます

こんな方におすすめ

○リラックスしたい方
○消化を促進したい方
○食欲を増進させたい方

レモンバーベナの研究情報

【1】ラットにレモンバーベナを14日間摂取させたところ、薬物による結腸炎が緩和された他、抗酸化酵素SODの活性低下や酸化ストレス物質マロンジアルデヒドの増加が抑制されたことから、レモンバーベナは消化器保護作用を持つと考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21688009

【2】運動習慣のある男性15名を対象に、レモンバーベナ1.8g を21日間摂取させたところ、赤血球中の抗酸化酵素GSHの低下が抑制されたため、レモンバーベナは抗疲労作用を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21083769.

【3】マウスにレモンバーム抽出物軟膏を7日間塗布したところ、黄色ブドウ球菌による皮膚障害が緩和されたことから、レモンバームは感染症予防効果および美肌効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19090293

このページのトップへ

参考文献

・桔梗泉 楽しいハーブ百科 主婦と生活社

・板倉弘重監修 からだに効くハーブティー図鑑 主婦の友社

・成美堂出版編集部 ハーブティー・カクテルティーの事典 成美堂出版

もっと見る

このページのトップへ