本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ムチン

作成日 2011年08月25日
更新日 2016年11月02日

ムチン

mucin

ムチンは、糖とたんぱく質が結合してできた多糖類の一種です。納豆や山芋、ツバメの巣などのネバネバした食材に含まれるほか、人間の体内にも存在しており、主に涙や胃腸や鼻などの粘膜に多く含まれています。ムチンが粘膜を保護することによって、様々な病気の予防につながります。

ムチンの健康効果
◎ドライアイを予防する効果
◎胃炎や胃潰瘍を予防する効果
◎肝機能・腎機能を高める効果
◎免疫力を高める効果
◎疲労回復効果

目次

ムチンとは?

●基本情報
ムチンは、糖とたんぱく質が結合することによってできる多糖類[※1]であり、納豆や山芋、オクラなどの粘り気の強い食材のヌメリのもととなる成分です。
ムチンは食材に含まれるだけではなく、人間の体内にも存在している成分であり、唾液や胃液といった分泌物や、胃腸の粘液、涙にもムチンが含まれています。

●ムチンの働き
ムチンは涙に含まれる成分のひとつであり、優れた保水力を持つことで知られています。
目の表面を覆う涙は、油層、水層、ムチン層の3層によって構成されています。水層を油層とムチン層で挟みこむことによって、水分を角膜に密着させ、蒸発を防ぎ、目の潤いを保つ働きを担っています。

また、ムチンには粘膜を保護する作用があります
胃の粘膜にはムチンが含まれているため、強い酸性を持つ胃酸[※2]から自らを守る機能を果たしています。
消化器の粘膜のほかにも、鼻や口など呼吸器の粘膜にもムチンが含まれています。ムチンは、風邪やインフルエンザなどのウイルスの侵入を防ぐ抗ウイルス作用を発揮します。

さらに、ムチンはたんぱく質の吸収を促進するという働きがあります。
たんぱく質は、筋肉や臓器、皮膚、髪、爪などの体の組織をつくる材料となるだけではなく、体を動かすエネルギー源にもなる重要な栄養素です。

●ムチンを摂取する上での注意
ムチンは熱に弱いという性質があるため、食品からムチンを摂取する際には加熱しすぎないよう注意が必要となります。
また、ムチンは水溶性の成分であり、加熱調理するとムチンが食材の外へ出てしまいます。そのため、汁ごと食べられるように調理することで、効率良くムチンを摂取することができます。

[※1:多糖類とは、糖質の最小単位である単糖が、多数結合したものです。]
[※2:胃酸とは、胃液に含まれる強い酸性の消化液のことです。]

このページのトップへ

ムチンの効果

●ドライアイを予防する効果
涙は目が乾かないようにするだけではなく、目に入ってきたゴミなどの異物を洗い流し、殺菌するなどの重要な働きを担っています。
しかし、何らかの原因で涙の量が減る・涙の質が低下することによって、目の表面が乾き、様々な異常が発生するドライアイが引き起こされてしまいます。
パソコンやテレビ、細かい作業によるまばたきの回数の減少や、コンタクトレンズの長時間の着用などによって涙の量が低下するといわれています。しかし、涙の量が正常であっても、涙の性質が変化し、質が悪くなることによって、ドライアイが引き起こされてしまいます。
涙の性質が低下すると、油層、液層の2層からなる涙の働きが不安定になってしまいます。これにより、涙が均等に目の表面を覆うことができず、異物や雑菌が目に入りやすくなり、様々な目の病気を引き起こす可能性が高まります。
このように、涙の性質が低下して発生するドライアイのケースは、「BUT短縮型ドライアイ」と呼ばれます。
特に、パソコンを使って作業をすることが多いオフィスワーカーやコンタクトレンズの使用者の間で、BUT短縮型ドライアイの患者が増加しているといわれています。
このBUT短縮型ドライアイは、涙に含まれるムチンの状態に異常が発生することが原因のひとつとして考えられています。
ムチンは、目の角膜に最も近いムチン層に含まれており、涙を目に繋ぎ止めるために必要となる成分です。ムチンを補うことによって涙の働きを安定させることができるため、ドライアイの改善効果が期待されています。
この効果を利用して、ドライアイを治療するための目薬には、ムチンが配合されているものがあります。

●胃炎や胃潰瘍を予防する効果
ムチンが粘膜を保護する作用は、胃炎や胃潰瘍などの病気の予防に役立ちます。
胃腸は心理的な変化の影響を受けやすい臓器だといわれており、ストレスなどによる緊張状態が続くことによって、粘液の分泌が低下してしまいます。また、暴飲暴食、喫煙、飲酒、香辛料などの刺激物やカフェインの過剰摂取といった生活習慣も、胃炎や胃潰瘍を引き起こす要因となります。
胃の粘液がうまく分泌されていないと、粘膜の働きが低下し、強い酸性を持つ胃酸からのダメージを受けやすくなります。
ムチンを摂取することによって、胃の粘膜を正常に保ち、胃炎や胃潰瘍の発生を防ぐことができます。【1】

●肝機能・腎機能を高める効果
ムチンには、肝臓や腎臓の機能を高める効果があると考えられています。
肝臓は、栄養素の代謝[※3]や有害物質の解毒、胆汁[※4]の分泌などを行う重要な臓器です。
肝臓の機能が低下してしまうと、毒素や老廃物が体内に溜まりやすくなり、疲れやすくなるほか、病気の原因にもつながります。
肝臓の病気には、肝炎や脂肪肝、肝硬変などが挙げられますが、肝臓は病気の自覚症状が現れにくく、症状が出た時には、すでに病気が進行しているケースが多いため、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。
肝臓の病気の原因は、ウイルスによる感染が最も多いといわれていますが、喫煙や飲酒、塩分の過剰摂取、運動不足などの生活習慣によって、病気が引き起こされる原因となることがあります。

腎臓は、塩分や有害物質、老廃物、余分な水分など、体内の不要なものを排泄する重要な器官です。
また、体内の水分のバランスを調節し、血圧を正常に保つ役割を担っています。
塩分やカリウムの過剰摂取などによって腎臓の機能が低下すると、余分な塩分が体内に溜まり、むくみや高血圧のほか、腎不全などの病気が引き起こされます。

●免疫力を向上させる効果
ムチンが粘膜の働きを高め、ウイルスの侵入を防ぐことによって、様々な病気を予防する効果があります。
ウイルスの侵入を最初に防ぐのは、のどや鼻の粘膜と皮膚です。ここで防げなかった菌は、血液中の食細胞[※5]によって取り込まれます。それでも防ぎきれなかった場合には、白血球[※6]によって攻撃されます。
しかし、免疫機能は生活習慣によって左右されるといわれており、過労や不規則な生活習慣が続くと、この免疫機能が正常に働かなくなり、病原菌やウイルスに抵抗する力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。
ムチンはのどや鼻の粘膜に含まれている成分であり、ウイルスから体を守り、風邪などの感染症にかかりにくくする効果が期待できます。【2】

また、ムチンの腸内環境を整える働きは、免疫力の向上に役立ちます。腸管の粘膜には、免疫細胞であるリンパ球[※7]が多数存在しており、体の免疫機能と深い関わりがあるため、ムチンが腸の粘膜に存在することによって、免疫力を高めることができると考えられています。

●疲労回復効果
ムチンには、たんぱく質を分解する酵素が含まれており、食べ物から摂取したたんぱく質を吸収されやすくする働きがあります。
これにより、たんぱく質をエネルギー源として効率良く利用することができるため、疲労を回復させる効果が期待できます。

[※3:代謝とは、生体内で、物質が次々と化学的に変化して入れ替わることです、また、それに伴ってエネルギーが出入りすることを指します。]
[※4:胆汁とは、肝臓でつくられるアルカリ性の液体です。胆汁酸などを含み、脂肪酸の吸収を助ける作用があります。]
[※5:食細胞とは、細菌やウイルスなどを捕らえて消化・分解する細胞のことです。]
[※6:白血球とは、血液に含まれる細胞のひとつです。体内に侵入したウイルスや細菌などの異物を排除する役割があります。]
[※7:リンパ球とは、白血球の成分のひとつです。]

このページのトップへ

ムチンは食事やサプリメントで摂取できます

ムチンを多く含む食品

○納豆
○ヤマイモ
○サトイモ
○オクラ
○ナメコ
○モロヘイヤ
○レンコン
○明日葉
○ツバメの巣

こんな方におすすめ

○ドライアイでお悩みの方
○胃腸・肝臓・腎臓の健康を維持したい方
○免疫力を向上させたい方
○疲労を回復したい方

ムチンの研究情報

【1】ヒトのミルクの高分子成分であるミルクムチンを単離し、動物モデルにおける効果を調べました。結果として、ヒトのミルクムチン複合体に高い抗ウイルス活性が示されました。ヒトのミルクムチンは効果的にロタウイルスに結合し、増殖を抑制する効果が示唆され、ロタウイルスによる胃腸炎を抑制する可能性が考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1331178

【2】ヒト唾液腺に存在する低分子ムチン(MG2)と虫歯の関係:(ひいては、好中球と細菌の相互作用)について調べました。MG2と結合している好中球は虫歯の中から分離され、好中球が生体内でムチンと相互作用していることがわかりました。また、MG2は菌の受容体と結合することがわかりました。口腔内の細菌18種類のうち6種類の細菌は、MG2と結合することがわかりました。これらのことから、MG2の存在は、好中球による筋の貪食作用を促す働きがあると考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10346903

このページのトップへ

参考文献

・本多京子 食の医学館 小学館

・中村丁次 最新版からだに効く栄養成分バイブル 主婦と生活社

・日経ヘルス 編 サプリメント大事典 日経BP社

もっと見る

このページのトップへ

この成分を見た人はこんな成分も見ています