本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ネロリ

作成日 2011年12月13日
更新日 2014年04月19日

ネロリ

neroli
ダイダイ

ネロリはビターオレンジの花から抽出される精油で、新鮮なフローラル系の香りを持ちます。ネロリにはリラックス効果があり、不眠症の改善やストレスを軽減させる効果がります。また、肌の生まれ変わりを助ける働きがあります。フローラルウォーターはスキンケア化粧品や、オーデコロンの成分として用いられます。

ネロリの健康効果
◎精神を安定させる効果
◎不眠を解消する効果
◎肌の調子を整える効果

目次

ネロリとは

●基本情報
ネロリが抽出されるビターオレンジはミカン科ミカン属の常緑樹[※1]で、高さ5mほどに成長し、直径約2.5cmほどの白くて美しい花をつけます。原産はインドやヒマラヤ地方で、日本へは中国から伝わりました。ビターオレンジからはネロリ以外に、果皮から得られるビターオレンジと、葉から得られるプチグレンの3つの精油が抽出されますが、それぞれが違う芳香を持ちます。
レモンやマンダリンなど、柑橘系の花から抽出される精油もネロリと呼ばれることがあるため、これらと区別するために、ビターオレンジの花から抽出される精油はネロリビラガードと呼ばれます。ネロリビラガードはネロリ油の中で最も品質が良いといわれています。また、スイートオレンジの花から抽出されるものはポルトガルネロリ油と呼ばれます。

●ネロリの歴史
ネロリという名称は、17世紀イタリアのネロラ公国の公妃アンナ・マリアが、この香りをとても愛したことから名づけられました。17世紀のイタリアの社交界では手袋に香りをつけることが流行し、公妃がこの精油を香水として使用し手袋につけていた際に、よい香りだと評判になりました。公妃は沐浴[※2]にもネロリを用いていました。
ビクトリア朝時代[※3]には、ネロリがオーデコロンの成分として用いられるようになり、コルセットのひもをきつく締めて気分を苦しくしていた、当時の高貴な女性たちの気付け薬として使用されていました。
また、ヨーロッパではオレンジの花は純潔の象徴とされ、花嫁の頭飾りやブーケに用いられます。

●ネロリの生産地
オレンジの原産はインドや中国ですが、ネロリの精油はフランス、モロッコ、ポルトガル、イタリアなどの地中海沿岸地域で生産されています。ビターオレンジの花は3月~5月に開花時期を迎えます。栽培には時間がかかり、花が咲くまでに4年ほどかかりますが、中でも樹齢20年以上の樹に咲く花から抽出した精油が最も上質とされています。精油の抽出には開花したばかりの花しか使えず、一つひとつ手で摘み取るため、非常に手間がかかるうえに、1000kgの花から1kgの精油しか得られないため、ネロリは非常に高価な精油です。
精油の抽出には水蒸気蒸溜法[※4]とアンフルラージュ(冷浸法)[※5]が用いられます。

●ネロリに含まれる成分と性質
ネロリの精油にはリラックス効果がり、慢性的な不安症やストレスを軽減させる作用があります。また、交感神経系の鎮静させる効果があり、不眠症や神経痛などにも効果がある他、更年期の症状も好転させます。
ネロリには肌の生まれ変わりを助ける働きがあり、フローラルウォーター[※6]は東欧の料理や、スキンケア化粧品にも利用されています。

●ネロリを摂取の際の注意点
ネロリはリラックス効果が強いため、車の運転など、集中力が必要な場合には使用を避けてください。

[※1:常緑樹とは、葉の寿命が1年以上あり年中葉をつけている樹木です。]
[※2:沐浴とは、水で身体を洗い清めることです。多くの場合、宗教的な意味で用いられます。]
[※3:ビクトリア朝時代とは、1837年から1901年に至るイギリスのビクトリア女王の治世を指します。]
[※4:水蒸気蒸溜法とは、水にほとんど溶けない物質に水を加えたり水蒸気を吹きこんだりして,水蒸気とともに物質中の揮発成分を蒸留する方法です。植物の精油などの分離・精製に用いられます。]
[※5:アンフルラージュ(冷浸法)とは、常温下で、精製した牛脂や豚脂の中に花を入れ、花精油を吸収させて香脂(ポマード)とし、さらにアルコールで抽出してエキストラクトエッセンスとする方法です。]
[※6:フローラルウォーターとは、製油を抽出する際にできる副産物のことで、微量の製油成分が溶け込んでいます。]

このページのトップへ

ネロリの効果




●精神を安定させる効果
​​ネロリは天然の精神安定剤といわれるほど、心に働きかける香りを持ちます。ネロリには芳香成分であるα-ピネンが含まれ、優美な香りが幸福感をもたらしリラックス感を与えることで心を落ち着かせます。緊張やプレッシャーで極度の興奮状態のときや、ショックを受けたときに気分を鎮める効果があります。
また、ネロリにはホルモン様作用のあるネロリドールという成分が含まれます。ネロリドールの持つエストロゲン様作用は、月経前緊張症による不安を軽減し、またイライラや涙もろさなどの更年期症状を改善します。【1】

●不眠を解消する効果
ネロリには酢酸リナリルという成分が含まれています。酢酸リナリルは交感神経を鎮静させる作用があるため、不眠を解消します。抑うつ症[※7]による睡眠障害が生じているときには、特に効果を発揮します。また、あくびを抑制する効果もあるといわれています。

●肌の調子を整える効果
ネロリには皮膚細胞成長促進特性があり、細胞の生まれ変わりを助けるので、肌の弾力を改善する効果があります。ネロリは肌への刺激があまりなく、乾燥肌や敏感肌などどのタイプの肌質にも利用できます。特に、毛細血管の破れ、妊娠線の対処に効果がある他、精油を皮膚につけておくとX線照射によるダメージを軽減することが報告されています。【2】
また、フローラルウォーターはスキンケア化粧品として利用されますが、ローズウォーターなどと合わせると、乾燥肌のケアに最適です。

●その他の効果
ネロリの交感神経を鎮静作用により、睡眠障害の改善だけでなく、神経痛、頭痛、眩暈に役立ちます。また、鎮痙作用により疝痛、下痢などの場合に、腸に対して鎮静効果を発揮します。
また、ネロリに含まれるリモネンには交感神経を刺激して体脂肪を燃えやすくする作用や、血流を改善する作用があります。

[※7:抑うつ症とは、肉体的な疾患や精神的な不調にともなって起こります。悲嘆、無気力、集中力の欠如、強い無力感のなど症状が現れ、不眠や眠りすぎなど、睡眠のリズムが乱れることがあります。]

このページのトップへ

ネロりは食事やサプリメントで摂取できます

こんな方におすすめ

○ストレスをやわらげたい方
○心を落ち着かせたい方
○睡眠でお悩みの方(不眠でお悩みの方)
○美肌を目指したい方
○肌のハリや弾力を保ちたい方

ねろり Neroli

ネロリの研究情報

【1】女学生90名を対象に、ラベンダー、ネロリ、またはプラセボを与えた結果、ラベンダー、ネロリにリラックス作用および、心臓・肌の緊張が緩和したことから、ネロリは鎮静作用ならびに肌を整えるはたらきを持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15362382

【2】ラベンダー、ミラー、ネロリ、ローズ、グレープフルーツ、マンダリン、オレンジ、カモミールなどを混ぜたエッセンシャルオイルが分娩後の細菌感染症が緩和されたことから、ネロリは感染症予防効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15314339

このページのトップへ

参考文献

・三上杏平 カラーグラフで読む精油の機能と効用-エッセンシャルオイルの作用と安全性の図解- フレグランスジャーナル社

・日経ヘルス 編 サプリメント大事典 日経BP社

・ワンダ・セラー アロマテラピーのための84の製油 フレグランスジャーナル社

もっと見る

このページのトップへ