本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > オキシカイン

作成日 2013年08月13日
更新日 2014年05月08日

オキシカイン

oxykine

オキシカインとは、南フランスのアヴィニョン地方で栽培される、メロンから抽出物したSOD様物質を小麦抽出物のグリアディンでコーティングした成分のことです。オキシカインは糖尿病腎症を予防する効果があることで知られています。

オキシカインの健康効果
◎糖尿病腎症を予防する効果
◎老化を防ぐ効果

目次

オキシカインとは?

●基本情報
オキシカインとは、南フランスのアヴィニョン地方で栽培されているヴォークルシアン種のメロン抽出物に由来するSOD様物質[※1]を小麦抽出物のグリアディンというたんぱく質でコーティングした成分のことです。このヴォークルシアン種のメロンは一般的なメロンと比べると抗酸化力がとても強いことで知られています。

●強力な抗酸化作用を持つメロン
一般的なメロンは4日経つと形が崩れ始め1週間ほどで腐っていってしまいます。しかし、ヴォークルシアン種は1週間以上経っても原形をとどめています。これはヴォークルシアン種のメロンに含まれるSOD様物質が持つ抗酸化作用[※2]によるものです。一般的なメロンにもSOD様物質は含まれていますが、ヴォークルシアン種のメロンには一般的なメロンと比較してもとても豊富に含まれているため、1週間以上経ってもみずみずしいメロンを保つことができると考えられます。

●オキシカインの働き
オキシカインは、グリアディンというたんぱく質でコーティングしているため、胃酸や消化酵素での影響を受けることなく腸まで届くことができるという特徴を持っています。また、活性酸素[※3]を直接消去するのではなく、腸で吸収され、抗原抗体反応[※4]によりSOD酵素などの生体抗酸化酵素の働きをサポートします。

●オキシカインを摂取する際の注意点
オキシカインは食物に近い成分であるため安全に摂取することができます。しかし、メロンや小麦に対するアレルギーがある方は注意が必要です。

[※1:SOD様物質とは、Super Oxide Dismutaseの略で、活性酸素を取り除く酵素を意味します。過剰に発生した活性酸素から体を守る働きをしています。]
[※2:抗酸化作用とは、体内で発生した活性酸素を抑制する力のことです。]
[※3:活性酸素とは、普通の酸素に比べ、著しく反応性が増すことで強い酸化力を持った酸素です。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化の原因になるとされます。]
[※4:抗原抗体反応とは、抗原とそれに対応する抗体との特異的な結合によって起こる反応のことです。体内では、アレルギーや免疫作用などといった形で現れます。]

このページのトップへ

オキシカインの効果

●老化を防ぐ効果
オキシカインには強力な抗酸化作用があるため、老化の原因となる活性酸素の除去に働きかけます。また、オキシカインは他の抗酸化作用を持つ成分と違い、細胞中に入ると、細胞内にとどまり、SOD酵素に働きかけ、たくさんの活性酸素を持続的に消去することができます。
活性酸素は日常生活で受ける紫外線や睡眠不足、乱れた食生活、ストレスなどで発生します。そのため持続的に活性酸素を消去できるオキシカインはとても効果的だといえます。

[※5:糖尿病は、インスリンの不足などによって糖代謝がうまくいかなくなる病気です。もともとインスリンが不足している場合と、年齢や生活習慣によってインスリンが不足していく場合があります。]

●糖尿病腎症を予防する効果
オキシカインには糖尿病腎症を予防する効果があります。糖尿病腎症とは、糖尿病[※5]による高血糖状態が続くことで腎臓のろ過機能が損なわれる病気です。ある実験結果によるとオキシカインが持つ抗酸化作用により糖尿病のマウスの腎障害の発症を抑制したという報告がされています。また、オキシカインの摂取により、尿中に含まれるたんぱく質の量が低下したという実験結果も報告されています。尿中にたんぱく質が含まれてしまう原因として糖尿病による高血糖や高血圧が考えられます。このことから、オキシカインの摂取により、糖尿病によってかかる腎臓の酸化ストレスが軽減したと考えられます。



このページのトップへ

食事やサプリメントで摂取できます

オキシカインを含む食品

○メロン

こんな方におすすめ

○糖尿病による腎障害を予防したい方
○老化を防ぎたい方

オキシカインの研究情報

【1】Ⅱ型糖尿病モデルマウスを用いて,オキシカイン(Superoxide dismutase高含有南フランス産特別種メロン抽出物と小麦グリアジンの複合体)投与による糖尿病性腎症の抑制作用について調べました。オキシカイン投与群では尿中アルブミンの減少および尿中8-OHdGの有意な低下が認められました。また、免疫組織学的にも腎中の8-OHdG陽性細胞数が有意に低値でした。このことから、オキシカインは、糖尿病性腎症の進行抑制に有用である可能性が考えられました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008601716

このページのトップへ

参考文献

・蒲原聖可 サプリメント事典 平凡社

・アカデミアジャパン株式会社
http://www.j-medical.net/food/f-meron.html

・株式会社ニュートリション・アクト
http://www.nutrition-act.com/material/glisodin.html

もっと見る

このページのトップへ