本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > サンダルウッド(白檀)

作成日 2015年01月05日
更新日 2015年01月14日

サンダルウッド(白檀)

Sandalwood Santalum album ビャクダン 白檀 ダンコウ

サンダルウッドは、ビャクダン科の植物で香木や精油として広く親しまれています。サンダルウッドの精油はウッディーであまくエキゾチックな香りが特徴で、リラックス効果があるといわれています。また、炎症を抑え、肌を柔らかくする効果もあることから日本でもとても人気のある精油のひとつです。

サンダルウッドの健康効果
◎リラックス効果
◎膀胱の感染症を予防する効果
◎肌の調子を整える効果
◎咳や痰(たん)を抑制する効果
◎睡眠を促す効果

目次

サンダルウッドとは

●基本情報
サンダルウッドは、インドやインドネシアといった熱帯アジアを原産とする常緑小高木[※1]でビャクダン科の植物です。サンダルウッドは樹齢7年まで自分の根っこを他の木に定着させて成長する半寄生植物[※2]で、成長すると高さは10メートルほどになります。一般的に香木や精油[※3]として利用されており、ウッディーであまくエキゾチックな香りが特徴です。深く落ち着きのある香りは日本人には寺院を連想させるような香りでもあります。

●歴史
サンダルウッドは、古くから人気がある植物でスリランカでは100年以上も前から知られています。古代のインドからエジプト、ギリシャやローマに続く交易の道では、サンダルウッドを積んで運ぶ商人が多く見られました。また、インドの古い寺院や家具にはサンダルウッドが使われていることが多く、サンダルウッドがアリを寄せつけなかったことからこうした建材として重宝されていたと考えられます。さらに、サンダルウッド特有の香りには、死者の魂を自由にする力や鎮静効果があるといわれています。そのため、瞑想をするときに役立つとして非常に人気がありました。その人気は現在でも衰えることがなく、特にインドや中国での宗教儀式が行われる際には多く利用されています。また、エジプトでは遺体の防腐保蔵や感染症の治療にも有効とされていました。

●サンダルウッドの生産地
サンダルウッドは主にインドやインドネシア、オーストラリアなどで栽培されています。サンダルウッドは樹齢30~60年で成熟し、その後に伐採し水蒸気蒸留法を用いて精油を抽出します。サンダルウッドの木材は固いため精油にする際は、細かなチップ状にしてから処理され採油されます。その中でも特に、インドの東部にあるマイソール地方で栽培されるサンダルウッドの精油は最も高品質とされています。
しかし、現在ではサンダルウッドは長期乱伐により、絶滅の危機に瀕しています。インドでは政府により伐採規制がされており、1本伐採すると1本植樹するように法律でも義務付けられています。また、サンダルウッド20kgの心材から1kgほどしか精油が採れないことからも、今ではサンダルウッドの精油は非常に貴重な精油となっています。

●サンダルウッドに含まれる成分と性質
サンダルウッドの主な香気成分はサンタロールで、他にフルフラール、サンタレンなどの成分が含まれています。サンダルウッドの香気成分には緊張や不安を和らげる働きがあり、膀胱炎などの泌尿器系の病気や咳や気管支炎などにも効果があるといわれています。さらに血液の循環を促進する作用があることから冷え性にも有効で、また精力を増強させる効果があります。

●サンダルウッドを摂取する際の注意点
サンダルウッドの香りはなかなか消えないことでも知られています。そのため一度に使う量に十分配慮し、衣類などにつけると洗ってもなかなかとれないため扱いにも注意が必要です。また、サンダルウッドの香気成分は気分を高めるよりも落ち着かせる働きがあることから、うつ状態のときに使用するとさらに気を滅入らせてしまうため避けたほうが賢明です。

<豆知識>サンダルウッドに関することわざ
中国に古くから伝えられていることわざに「栴檀(せんだん)は双葉より芳(かんば)し」という言葉があります。栴檀とは、中国名でサンダルウッドのことを指しており、サンダルウッドが発芽の頃から良い香りをさせることから、大成する人物は幼いときから人並みはずれて優れたところがあることのたとえとして使われています。

[※1:常緑小高木植物とは、1年中葉を落とすことなく常に緑を見ることができる植物のうち、樹高が5m以上10m未満の植物のことです。]
[※2:寄生植物とは、他の植物に寄生し栄養分を吸収して生育する植物のことです。その中でも葉緑素を持ち、自ら光合成を行うものを半寄生植物といいます。]
[※3:精油とは、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した有効成分を高濃度に含有した100%天然の揮発性の芳香物質です。各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーに利用されています。]

このページのトップへ

サンダルウッドの効果

●リラックス効果
サンダルウッドには、神経の緊張や不安を和らげてくれるリラックス効果があります。心を落ち着かせてくれる働きがあることから、人前で話すときや緊張しがちな場面でティッシュやハンカチにサンダルウッドの香りをつけて芳香浴[※4]をするのもおすすめです。頭や心の中の雑念が離れないときに過去との結びつきを断つとして古くから瞑想をするときに使われていました。

●膀胱の感染症を予防する効果
サンダルウッドは、膀胱炎や尿道炎を好転させる働きがあり、泌尿器系の病気に対して炎症抑制作用、浄化作用、利尿作用などがあります。こうした症状のときは、サンダルウッドの精油を腹部の腎臓のあたりにすり込みながらマッサージをして使用すると症状が緩和されます。【1】【2】

●肌の調子を整える効果
サンダルウッドは、肌の調子を整える効果があります。サンダルウッドには肌を柔らかくする働きがあり、特に、乾燥が気になる肌や年齢が気になる肌に効果が期待できます。フェイシャルトリートメントやハンドマッサージにもよく利用され、刺激が少なく穏やかな性質のためどんな肌のタイプでも使用することがでます。サンダルウッドは他にも炎症を抑えたり、殺菌消毒をする働きがあるためにきびや腫れにも効果があります。【3】【4】

●咳や痰(たん)を抑制する効果
サンダルウッドには、循環器系の感染症や気管支炎・肺などの感染症に伴う喉の痛み、咳などを改善する効果があります。サンダルウッドには鎮静作用や消炎作 用があるため咳や鼻づまり、喉の痛みといった諸症状が出たときには免疫を高めて感染症を寄せ付けないよう働きかけてくれます。またリラックス効果もあるた め安眠を促し、症状を緩和させる相乗効果も期待できます。


●睡眠を促す効果
サンダルウッドには神経の緊張や不安を和らげる働きがあることから、睡眠を促す効果があります。心地よく眠りたいときには寝室で芳香浴をすると効果的です。また、リラックス効果があることで有名なラベンダーとブレンドするとさらによい相乗効果が期待できます。

[※4:芳香浴とは、精油を香らせて、身体に取り入れることです。] 

このページのトップへ

こんな方におすすめ


○心を落ち着かせたい方
○膀胱の感染を予防したい方
○のどの痛みがひどい方あせもや湿疹を予防したい方
○乾燥肌・肌荒れでお悩みの方
○あせもや湿疹を予防したい方
○睡眠でお悩みの方(不眠でお悩みの方)

このページのトップへ


サンダルウッドの研究情報

【1】中国医薬においてサンダルウッドとフランキンセンスはがんを防ぐ効果があるとされています。サンダルウッドとフランキンセンスエッセンシャルオイルが膀胱がん細胞に対する効果について検討を行った結果、膀胱がん細胞であるJ82細胞に対して抗炎症効果を示すことで細胞の増殖を抑えました。このことからサンダルウッドには抗炎症作用があることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25006348

【2】炎症性の因子を持つラットを使いサンダルウッドの種子オイルと異なる植物性の脂肪酸の効果を調査した果サンダルウッドの種子オイルには組織レベルでn-3ポリ不飽和脂肪酸とDHAを増やし、n-3とn-6の割合を減らすことが示唆され、そして抗炎症効果を上昇させました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23275078

【3】サンダルウッドは中国伝統医薬において、様々な治療効果があるとされています。今回、このサンダルウッドの抽出法を変えて、その抽出物に対しての9種類のグラム陰性菌と5種類のグラム陽性菌への影響について試験を行ったところ、抗菌活性を示しました。このことからサンダルウッドには抗菌作用があると考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23020220

【4】サンダルウッドの幹と葉の水抽出物の抗菌活性について、エシャリキア・ブドウ球菌・シュードモナス菌への効果について実験を行ったところ、幹の抽出物に対して葉の抽出物は強い抗菌活性があることが示されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22557199

このページのトップへ

参考文献

・ハーブ学名語源事典 大槻真一郎、尾崎由紀子 東京堂出版

・アロマテラピーのための84の精油 ワンダ・セラー フレグランスジャーナル社

・精油の機能と効用 三上杏平 フレグランスジャーナル社

もっと見る

このページのトップへ