本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > タイム

作成日 2011年08月25日
更新日 2018年03月09日

タイム

thyme
タチジャコウソウ 麝香草 
Thymus vulgaris

タイムは、特有の香りや苦みを持ち、料理のアクセントとして利用されているハーブの一種です。ハーブの中でも高い殺菌作用があり、口腔内の消毒や細菌による皮膚の炎症抑制などに有効です。また、ハーブティーやうがい薬として利用したりすることで、のどや胃のウイルスを退治してくれます。その結果、風邪やインフルエンザ、ピロリ菌による胃の炎症などの予防効果が期待できます。

タイムの健康効果
◎殺菌・消毒効果
◎感染症を予防する効果
◎リラックス効果
◎消化を促進する効果

目次

タイムとは

●基本情報
タイムは、シソ科の多年草でハーブの一種です。タイムという名前の由来には諸説ありますが、ギリシャ語で“勇気”を表す語が語源になっていることもあり、タイムは古くから、勇気や力の象徴とされてきました。中世イングランドでは、女主人からもらったスカーフに、騎士たちが勇敢さを表すためにタイムとミツバチの刺繍を施したそうです。和名ではタチジャコウソウやキダチヒャクリソウとして知られています。西欧諸国やアフリカに自生しているほか、比較的手入れが楽であるため栽培もされています。 高さは15~40cmほどで、細かい灰緑色の葉が密集してつき、葉に厚みがあるのが特徴です。春にはピンクや白の花を咲かせます。親しみがあるのはコモンタイムと呼ばれる種類ですが、香りや形状の違いによってさまざまな種類のタイムがあります。タイムの出回る時期は4月中旬~6月中旬にかけてです。乾燥した葉を使用するのが一般的で、主な成分として精油、フラボノイド、タンニン、苦味質、サポニンと、ポリフェノール成分であるロスマリン酸を含みます。 タイムは渋みとさわやかな香りが特徴のハーブで、肉類や魚介類の臭み消しに使われます。また、防腐力や殺菌力があるため、ハムやソーセージの香りづけにも用いられます。料理やティーのほか、入浴剤やポプリで香りを楽しむこともできます。入浴剤や湿布として用いれば、打撲や痛風、リウマチ、皮膚感染、風邪などに効果があり、ハーブティーでうがいをすれば、歯痛や口内炎にも効果があるといわれています。また、タイムの殺菌効果は非常に強いため、感染症の予防にも効果があり、せき、たん、ぜんそくなどの呼吸器系の障害や、風邪、インフルエンザなどの予防に効果的であるといわれています。消化促進効果もあるため、食べ過ぎた後の飲料として適しています。

●タイムの歴史
タイムは何千年も前、古代エジプト、ギリシャ、ローマなどでも使われていました。スパイシーな香りや味が好まれていただけでなく、高い殺菌作用があるため、重要なハーブとして扱われていました。

●タイムの生産地
原産地は地中海沿岸で、スペインなどの西欧諸国や、アルジェリアやチュニジアなどのアフリカ、小アジアに自生しています。比較的栽培が簡単なことから、最近は日本でも家庭などで栽培されています。

●タイムの種類
・コモンタイム
一般的なタイムの品種でスパイスとして使いやすい特徴を持っています。
・レモンタイム
さっぱりとしたレモンの香りが特徴。レモンの代用として料理やティー、お菓子に使われます。
・オレンジバルサムタイム
オレンジに似た柑橘系の香りを持ち、鶏料理や魚料理に、お菓子などに用いられます。
・イブキジャコウソウ
滋賀県伊吹山で発見された品種。香料の原料や入浴剤など、香りを楽しむものに利用されます。

●タイムの働き
タイムには強い殺菌力と抗真菌[※1]作用があります。チモール[※2]とオイゲノール[※3]という成分の相乗効果により、幅広い菌に対して高い殺菌効果を持ちます。皮膚感染にはハーブティーをしみこませたコットンや入浴剤としての利用がおすすめです。また、歯肉炎、口内炎などの口腔内のトラブルには飲用やマウスウォッシュとしても利用されます。タイムの高い殺菌力は、胃潰瘍の原因ピロリ菌に対しても働きかけることが研究でわかっています。のどの痛みや扁桃腺炎、インフルエンザなどの呼吸器系の感染症や、膀胱炎など泌尿器系の感染症にも効果を発揮します。その他に、タイムはローズマリーやセージなど地中海沿岸に育つ植物と同様、強い抗酸化作用があり、アレルギーの抑制にも効果を期待できます。また、タイムに含まれるフラボノイドには、体をリラックスさせる働きがあります。その結果、消化管のけいれんを鎮めたり、生理痛を緩和したりする効果が期待できます。疲労や気分の落ち込み、無気力感などの精神的な緩和にも有効です。 タイムの精油には子宮を刺激する働きがあるため、妊娠中の方は使用を控えるよう推奨されています。

[※1:真菌とは、カビの仲間の総称です。カンジタなど皮膚の表面での感染が一般的で、水虫も皮膚の真菌感染症のひとつです。]
[※2:チモールとは、モノテルペン誘導体と呼ばれるものの一種で、タイムの独特な香りのもとです。また、舌を刺激する味が特徴です。]
[※3:オイゲノールとは、グローブなどの精油に含まれる油状の液体で、刺激のある強い香りが特徴です。香水や香料のほかに、殺虫剤、麻酔薬のような医薬品にも用いられます。]  

このページのトップへ

タイムの効果

●殺菌・消毒効果
タイムはチモールとオイゲノールの働きによって、真菌に対して高い殺菌力を発揮し、皮膚感染症に有効といえます。コットンなどに取り局部に使用することで、その部分の血流を促して血液中の感染を一掃するため、さまざまな皮膚感染に効果的です。また、ティーにして飲むことで、呼吸器の細菌やウイルスを殺菌し、頭や喉、気管、肺をすっきりとさせる働きや、胃の中のピロリ菌にさえも効果を発揮し、胃潰瘍などの内臓の疾患を予防する働きが期待できます。また、口内炎、腎臓の炎症、泌尿器の炎症などにも有効といわれています。【1】【2】


●感染症を予防する効果
タイムはハーブの中でもとりわけ殺菌力が高く、この殺菌力に抵抗できる細菌はほとんど存在しません。そのため、皮膚感染のほかにも、飲用やうがいをすることで、風邪やインフルエンザなどの予防に効果的です。また、ポットの沸騰した湯にタイムを入れてその蒸気を利用すれば、空気清浄器としても利用可能です。料理などにも使われるほど安全性も高いため、病室などでの使用も可能です。【1】【2】【3】

●リラックス効果
タイムの強い香りと味は、ティーなどで口にすることで、喉や肺をすっきりとさせます。その爽快感から、疲労感や倦怠感が緩和され、リラックス効果が期待できるといわれています。また、フラボノイドの働きにより、けいれんや生理痛もやわらげます。タイムは心身ともに癒しを与えるハーブといえます。

●消化を促進する効果
魚介類や肉類の臭み消しとして、また長時間加熱しても香りが飛ばないことから、料理でよく用いられます。消化作用に優れており、食べ過ぎた後にはティーを飲むことで、消化の促進が期待できます。胃のけいれん抑制にも効果があります。

 

このページのトップへ

タイムはこんな方におすすめ

○咳や痰でお悩みの方
○泌尿器系の病気を予防したい方
○心を落ち着かせたい方
○消化を促進したい方 

タイムの研究情報

【1】タイム油状抽出物は、黄色ブドウ球菌や緑膿菌等の病原性細菌に対する抗菌作用を持つことから、タイムは抗菌作用を持ち、感染症予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21748125

【2】タイム油状抽物は、真菌の芽胞形成を抑制したことから、タイムは抗真菌作用を持ち、感染症予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17209812

【3】急性気管支炎患者を対象に、タイム抽出物を11日間投与したところ、咳の発作などの急性気管支炎の諸症状が緩和されたことから、タイムは気管支炎治療や感染症予防に役立つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17063641

ヒトマクロファージを対象に、タイムを投与したところ、酸化型LDLによる炎症性物質TNF-α産生、遺伝子発現が減少したことから、タイムは抗炎症作用を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22577523

参考文献

・菅原龍幸・井上四郎 原色食品図鑑 株式会社建帛社

・鈴木一行 食品成分表 株式会社大修館書店

・小林公成 初めてのハーブつくり 定番50種 共同印刷株式会社

・本多京子 食の医学館 株式会社小学館

・リエコ 大島 バークレー、 白浜美千代  英国流メディカルハーブ  説話社

・アースプランツ リサーチ オーガニゼーション ハーブバイブル 共同印刷株式会社

・ヴィクトリア ザック、 林 真一郎、 Victoria Zak、大橋 マキ ハーブティーバイブル 東京堂出版

・佐々木薫 ハーブティー事典 池田書店

・Segvi Klari M, Kosalec I, Masteli J, Pieckova E, Pepeljnak S. 2007 “Antifungal activity of thyme (Thymus vulgaris L.) essential oil and thymol against moulds from damp dwellings.” Lett Appl Microbiol. 2007 Jan;44(1):36-42.

・Kemmerich B, Eberhardt R, Stammer H. 2006 “Efficacy and tolerability of a fluid extract combination of thyme herb and ivy leaves and matched placebo in adults suffering from acute bronchitis with productive cough. A prospective, double-blind, placebo-controlled clinical trial.” Arzneimittelforschung. 2006;56(9):652-60.

・Ocana A, Reglero G. 2012 “Effects of Thyme Extract Oils (from Thymus vulgaris, Thymus zygis, and Thymus hyemalis) on Cytokine Production and Gene Expression of oxLDL-Stimulated THP-1-Macrophages.” J Obes. 2012;2012:104706.

・Nzeako BC, Al-Kharousi ZS, Al-Mahrooqui Z. 2006 “Antimicrobial activities of clove and thyme extracts.” Sultan Qaboos Univ Med J. 2006 Jun;6(1):33-9.

もっと見る

このページのトップへ

この成分を見た人はこんな成分も見ています