本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ルイボス > ルイボス 研究情報

作成日 2012年09月14日
更新日 2012年12月03日

ルイボス

rooibos

ルイボスは、マメ科の針葉樹で、ルイボスティーとしてよく飲まれるハーブの一種です。
原産地では「魅惑の健康茶」とも呼ばれており、強力な抗酸化作用を持ち、ミネラル類を豊富に含んでいます。
糖尿病を予防する効果や、美肌を保つ効果など数々の健康効果が期待されている植物です。

ルイボスの研究情報

【4】糖尿病ラットに、ルイボスティーを8週間摂取させたところ、糖尿病による最終糖化産物(AGEs) や酸化ストレスの指標であるマロンジアルデヒドの増加を抑制しました。ルイボスには糖尿病合併症の予防効果を持つことが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15910170


【5】Ⅱ型糖尿病マウスにおいて、ルイボスの有効成分であるアスパラチン(aspalathin)を0.1-0.2% を含む餌を5週間摂取させたところ、空腹時血糖値の増加が抑制され、糖耐性が改善されました。アスパラチンは膵臓β細胞によるインスリン分泌を促進し、筋肉へのグルコース取り込みを促進させるはたらきをもつことから、ルイボスは糖尿病予防効果をもつことが示唆されました
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19188054


このページのトップへ