本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > あんず > あんず 研究情報

作成日 2013年03月20日
更新日 2014年05月07日

アンズ

apricot
杏 唐桃(カラモモ)

あんずとは、バラ科サクラ属の植物で実はジャムやドライフルーツとして食されます。あんずにはβ-カロテンが豊富に含まれており、体内ではビタミンAとして働くため目や皮膚の健康を保つ効果があります。また、ミネラル類やビタミン類、食物繊維も豊富に含まれているため、便秘解消や貧血予防にも効果的です。

 

あんずの研究情報

【4】成人男女20,630名において、性別や摂取栄養素、ライフスタイルと排便回数との関係を調査した結果、食物繊維が多い人ほど、排便回数が多いことが確認されました。あんずは食物繊維を含むことから、腸内環境を整えるはたらきが確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14972075

【5】17名男性大学生ランナーに5kmを走る2時間前にクエン酸塩(0.5kg/body mass)またはプラセボを投与しました。プラセボ群に比べ、クエン酸塩投与群は、5km走のタイムがプラセボ群と比べて有意に縮まっていました(クエン酸塩投与群:1153.2秒、プラセボ群:1183.8秒)。このことから0.5kg/body massのクエン酸塩の摂取は、短時間での運動のパフォーマンスを向上させることが確認されています。あんずはクエン酸を含むことから、疲労回復および持久力維持に役立つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14665584

【6】健康な成人男性6名に対し、45分間、自転車エルゴメーターを用いて運動負荷をかけました。運動負荷直後、クエン酸-グルコース投与、レモン果汁‐グルコース投与、またはグルコースのみ(プラセボ群)を投与しました。その後、20分、40分、60分後の血中の乳酸値を測定しました。その結果、クエン酸‐グルコース投与群、レモン果汁‐グルコース投与群はプラセボ群と比較して、運動後60分の時点で血中乳酸値を有意に低下させました。あんずはクエン酸を含むことから、筋疲労を和らげる働きがあると考えられました。
http://www.vic-japan.gr.jp/vicJ/no.104/No104.pdf

このページのトップへ