本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > DNA(デオキシリボ核酸)

作成日 2011年08月24日
更新日 2015年01月30日

DNA(デオキシリボ核酸)

Deoxyribonucleic Acid

DNAとは、RNAとともに遺伝物質であり、核酸のひとつです。私たちの体をつくるための設計図のような役割を持っています。
遺伝に関わる成分として知られていますが、栄養成分として摂取することで、細胞の生まれ変わりを促進します。
細胞の生まれ変わりを活発にして、若々しい体を保つために欠かすことのできない成分です。

DNA(デオキシリボ核酸)の健康効果
◎肌の老化を予防する効果
◎髪の老化を予防する効果
◎疲れにくい体をつくる効果
◎貧血を予防する効果
◎ガンを予防する効果
◎肥満を予防する効果

目次

DNA(デオキシリボ核酸)とは

●基本情報
細胞核の中に存在し、生物生存のための遺伝情報を担うとともにたんぱく質の合成を指令している物質です。
人間の体に約60兆個も存在する細胞は、数ヵ月でほとんどすべての細胞が生まれ変わるといわれています。
私たちの体が健康でいられるのは、DNAが細胞の分裂をコントロールすることで古い細胞が排除されると同時に常に新しい細胞が生み出されているからです。
このような生命活動のもとになる細胞の材料は、たんぱく質(細胞を構成する主要成分)と核酸です。
たんぱく質は取り入れるとすぐに体の血や肉となるのではなく、酵素(取り入れた栄養を消化し、体に吸収する働きをもつたんぱく質)の働きによって消化・代謝され、アミノ酸へと分解されます。分解されたアミノ酸は、皮膚や爪、髪など様々な場所に必要に応じてたんぱく質に組み立て直されます。この組み立て作業を行うのが、核酸です。
人間の体において複雑で非常に重要な仕組みといえます。

●DNAの歴史
1869年、スイスの生化学者ミーシェルが患者の包帯から膿を集め、白血球の中に含まれる高分子物質を細胞核の中から取り出しました。
その後、鮭の白子やビール酵母、仔牛の胸腺からも同様の物質が発見され、1889年にそれが細胞核内の酸性物質であることから「核酸」と名付けられました。
DNAに関する研究は、遺伝子の本体という性質から、遺伝子工学の分野での研究がほとんどでした。
1962年、ワトソン・クリックという青年により、DNAが生命の基本であるという論文を発表しノーベル賞を手に入れ、世界中の学者が核酸に注目しました。
当時ほとんどの学者たちが、遺伝に関するDNAの研究に関心を持っていたために、栄養素としての働きが注目されることはありませんでした。
古い栄養学では、DNAは他の栄養素から必要な分だけつくることができるので、食べ物から摂る必要はないと考えられていました。

しかし、腸間膜血栓症と呼ばれる病気で腸管を切除した患者にDNA・RNAを含む栄養素を与えたところ、免疫力が低下しにくくなったという結果が出ました。この研究結果が発表されて以来、DNAが栄養素として注目されるようになりました。

●DNAとRNA
DNAとRNAは共に細胞核内に存在する核酸ですが、その働きはそれぞれ異なっています。
DNAは、細胞ひとつひとつに存在する細胞核といわれる細胞の遺伝子情報の保存と伝達を行う部分に存在し、アミノ酸の組み合わせを決め、たんぱく質をつくり出す指令を行っています。
RNAは、DNAの情報に基づいてアミノ酸からたんぱく質を合成しています。つまり、DNAは遺伝情報をもつ設計士であり、RNAはその情報に従って必要なたんぱく質を合成する大工の役割を担っています。
これらがうまく働くことによって、新しい細胞がつくられ、私たちは健康を保つことができます。
これら2つのうち、どちらか一方が不足してしまうことで細胞の生まれ変わりである新陳代謝がうまく行われず、老化を促進したり、疲れやすくなります。
健康で若々しい体を保つためには、DNAとRNAの存在がとても大切です。

●DNAを補う方法 DNAとRNAの合成には、「デノボ合成」と「サルベージ合成」の2種類の方法があります。デノボ合成は、おもに肝臓でアミノ酸などから合成する方法、サルベージ合成は、食べ物から摂取したDNAとRNAから合成する方法です。
肝臓の機能が衰えてしまうため、デノボ合成でDNAとRNAが盛んにつくられるのは20歳位までだといわれています。
回復力の低下や肌の衰え(シミやそばかす)などの体の変化は、肝機能の衰えにより核酸がつくられる力が弱くなることが原因です。これにより細胞が生まれ変わる周期が徐々に狂ってしまいます。
つまり、DNAは食品から補うことが効率的だといえます。

成人におけるDNAの1日必要量はおよそ750mgと推定されています(体重や年齢により異なる)。私たちは、日々の食事で動物や植物、魚介類に含まれているDNAを摂取することができますが、十分な量を補うことは難しいといわれています。
また、現代人の食事にはインスタント食品や加工食品が多いことや、食生活のバランスが乱れていることもあり、核酸を含む食品を取り入れる機会が減っている現状もみられています。
よって、サプリメントなどの補助食品で補うことが効率的と考えられます。
特にDNAが多く含まれている食品は鮭の白子(魚の精巣)です。いわしの74倍の核酸を含んでいるといわれているため、鮭の白子から抽出されたエキスが多くの核酸食品の原料として用いられています。

このページのトップへ

DNA(デオキシリボ核酸)の効果


●肌の老化を予防する効果

皮膚は絶えず外気にさらされているため、紫外線などの影響で老化の速度が速い部分です。
次々と新しい細胞がつくられ、一方で古い細胞はアカとなって剥がれ落ちるサイクルをターンオーバーと呼び、28日間で細胞が生まれ変わるといわれています。
皮膚は細胞の生まれ変わりが特に活発であるため、他の部分より多くのDNAが必要だといわれています。
「肌の曲がり角」といわれる20歳前後を過ぎると、DNAがつくられる量が徐々に減っていきます。DNAが不足してしまうと、ターンオーバーのサイクルが長くなり、様々な肌の老化現象が引き起こされます。
そのひとつとして、肌の潤い不足が挙げられます。肌の水分を保つ成分や皮脂が少なくなるために、肌に潤いがなくなり、乾燥しやすくなります。
新陳代謝が衰えると、古い角質が肌の表面に蓄積されたままになるため、肌荒れが引き起こされやすくなります。
また、紫外線から肌を守るメラニン色素が新陳代謝の衰えにより、皮膚の中に残りやすくなってしまい、日焼けによるシミやそばかすができやすくなります。
このように、一言で肌の老化といっても様々な現象が挙げられます。DNAを補い、細胞の新陳代謝を活発にさせることによって、肌の老化現象を防ぐことができます。
また、フランスやアメリカなどの欧米では、DNAが化粧品の原料として使われていることもあります。DNAを皮膚に塗ることで新陳代謝が活発になり、若々しい肌を保つことができるのです。
実際にDNAを肌に塗った試験結果では、
・保湿効果
・皮脂の分泌コントロール作用
・シミ、そばかすの改良
・シワの改善
以上をはじめとする効用が明らかになっています。

●髪の老化を予防する効果
老化現象のひとつである白髪や抜け毛は、頭皮の栄養状態と大きな関わりがあります。
髪が伸びる仕組みは、毛根(頭皮の内側に潜っている髪)の部分にある毛母細胞が分裂を繰り返すことによるものです。DNAはこの毛母細胞の活動を支配しています。
DNAが衰えると髪の老化が起こり、白髪や抜け毛につながります。
つまり、DNAが細胞の生まれ変わりを促進することによって、若々しい髪を保ちます。【5】

●疲れにくい体をつくる効果
DNAが分解されることでできる尿酸には、抗酸化力(体内で発生した活性酸素[※2]を抑制する力)を高める働きがあります。
活性酸素はタバコや紫外線、ストレス、食品添加物、残留農薬によって発生し、DNAを傷つけます。活性酸素により細胞が傷つけられると、疲れやだるさを感じやすくなります。
現代人の生活環境は活性酸素が発生しやすいといわれているため、DNAを補うことによって、疲れにくく若々しい体を保つことができます。
また、DNAとRNAをつくる成分であるアデノシンとヌクレオシドには血流を増加させ、細胞を活性化することで新陳代謝を活発にさせる働きがあります。そのため、疲労感や冷え性、肩こりを改善する効果があります。

●貧血を予防する効果
DNAは、血液の成分をつくる出すことによって貧血の予防に役立つといわれています。
血液は、骨髄にある幹細胞という所でつくられています。赤血球や白血球、リンパ球、血小板などの様々な血液成分が絶えず生み出されています。つまり、骨髄は細胞がどんどんつくり出される場所といえます。
貧血の原因には、不足によるものと、血液の成分不足によるものがあります。後者の場合は、新陳代謝を活発にさせて、血液の成分をつくり出すために必要なDNAを積極的に補うことで貧血予防効果が期待されています。

●肥満を予防する効果
肥満を防ぐためには、脂肪の燃焼を活発にさせることが不可欠です。積極的に運動をしてエネルギーを消費することも大切ですが、もうひとつ注目すべきなのが基礎代謝です。
基礎代謝とは、生命活動を維持するために、運動をしていなくても、自然に消費するエネルギーのことです。基礎代謝を活発にさせるためには、原料となるDNAが必要となります。
新陳代謝を活発にするDNAの働きが、基礎代謝を高め、太りにくい体をつくることに役立ちます。

[※1:幹細胞とは、細胞の元になる細胞のことです。自分自身が増える複製能力と、ほかの細胞になる能力を備えています。]
[※2:活性酸素とは、普通の酸素に比べ、著しく反応性が増すことで強い酸化力をもった酸素のことです。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。]

このページのトップへ

DNAは食事やサプリメントで摂取できます

DNA(デオキシリボ核酸)を含む食品

○鮭の白子
○フグの白子
○ちりめんじゃこ

こんな方におすすめ

○美肌を目指したい方
○白髪・脱毛を予防したい方
○体のだるさを感じる方
○貧血でお悩みの方
○基礎代謝を上げたい方

DNA(デオキシリボ核酸)の研究情報

【1】ミトコンドリアは呼吸や生体内の酸化還元反応にかかっています。研究の結果、特にミトコンドリアのDNAが減少すると、呼吸機能にかかわる成分ピリミジンやNAD の合成量が減少し、加齢につながるということが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17460185

【2】高齢者では、運動することで筋肉中のDNAとタンパク質の合成が活発になることが顕著でした。DNAの合成には適度な運動が必要と考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21613572

【3】上部消化管疾患により手術を受けた患者に、早期術後栄養として、アルギニン、ω-3 不飽和脂肪酸と核酸を摂取させたところ、体内での免疫機能を司る、免疫グロブリンや白血球B細胞が早期に回復しました。このことから、術後の早期栄養として核酸の摂取の有用性が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7536138

もっと見る

このページのトップへ

参考文献

・森重福美 核酸の効用 ヘルス研究所

・松永政司、宇住晃治 DNA核酸の栄養学 ヘルス研究所

・山口武津雄 核酸食で老化を防止する-今新しくわかった若返り法- ヘルス研究所

もっと見る

このページのトップへ

この成分を見た人はこんな成分も見ています