本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > β(ベータ)カロテン

作成日 2011年08月24日
更新日 2014年05月05日

β(ベータ)カロテン

β-Carotene

β-カロテンは、色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。体内では必要量に応じてビタミンAに変換され、ビタミンAとしても効果を発揮します。
人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保ったり、視力を維持するために必要不可欠な成分です。

β(ベータ)カロテンの健康効果
◎夜盲症の予防・改善効果
◎黄斑変性症を予防する効果
◎粘膜を健康に保つ効果
◎美肌効果
◎体の成長を促進させる効果
◎ガンを予防および抑制する効果

目次

β(ベータ)カロテンとは?

●基本情報
β-カロテンとは、1930年に発見された健康成分で、にんじん(carrot)の橙色のもとになっている栄養素であることからこう名付けられました。
カロテノイドの一種であるカロテンは、主にα-カロテンとβ-カロテンの2種類に分けられます。
β-カロテンはカロテンの中で最も多く自然界に存在しており、にんじんやかぼちゃブロッコリートマトなどの緑黄色野菜や、みかんなどの柑橘類、すいかなどに多く含まれている成分です。
色の鮮やかな野菜や果物ほど、より多くのβ-カロテンが含まれているといわれています。

●β-カロテンの体内での動き
β-カロテンは、体内で必要量に応じてビタミンAとなり、働きます。
体内に入ったβ-カロテンは、約3分の1が小腸で吸収され、体内で必要な量のみがビタミンAへと変換されます。
ビタミンAは脂溶性[※1]のビタミンであるため、その性質上、過剰摂取に対する注意が求められる成分ですが、β-カロテンの摂取では必要な量しかつくられないため、その心配がなくなるといえます。
カロテノイドの中でもβ-カロテンのように、体内においてビタミンAとして働く健康成分はプロビタミンA(ビタミンA前駆物質)と呼ばれています。
プロビタミンAは約50種類存在しますが、β-カロテンはプロビタミンAの中でもビタミンAとして作用する割合が高い栄養素です。
ビタミンAへと変化したβ-カロテンは体内で他の栄養素の働きを促進するということが知られています。
ビタミンB群[※2]、ビタミンDビタミンEなどの成分は、ビタミンAが十分に存在しないとその働きや効果が発揮されないといわれています。
ビタミンAは、ほかの健康成分や栄養素の働きを促進する役割も担っているため、その他のビタミンや栄養素とともに、バランス良く摂取することが大切です。

●β-カロテンの働き
β-カロテンは全てが体内でビタミンAに変換されるわけではなく、一部は脂肪組織に蓄えられ、β-カロテンとしての効果や効能を示します。
β-カロテンはカロテノイドの一種であるため、強力な抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用は、カロテノイドに分類される健康成分全てに共通する働きで、β-カロテン以外にもルテインアスタキサンチンリコピンなどが強力な抗酸化作用を持つといわれています。
抗酸化作用とは、体内に発生した活性酸素を除去する働きのことです。
活性酸素は、本来人間の体内に存在しており、体内に侵入したウイルスと闘うなどの働きを持つため健康維持には不可欠な物質ですが、体内で増加しすぎると、人間の体に害を及ぼしてしまいます。
活性酸素が増加しすぎる主な原因としては、ストレス、紫外線、喫煙、不規則な生活習慣や加工食品の食品添加物などが挙げられます。
増加を続けた活性酸素は、老化の促進や、動脈硬化やガンなどの進行によっては命に関わる病気にもつながってしまうため、活性酸素による健康への悪影響は軽視できないものとなっています。
β-カロテンは、強力な抗酸化作用を持っているため、活性酸素を原因とするあらゆる病気の予防などにも効果が期待されています。

●β-カロテンの効率的な摂取方法
β-カロテンは、脂質とともに摂取することで吸収率が高まります。熱にも強い成分であるため、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜を調理する際は、油で調理するとβ-カロテンを効率良く吸収できるといわれています。

●β-カロテンの摂取上の注意
β-カロテンは、摂りすぎると手のひらなどの皮膚が黄色くなる症状が見受けられることがあります。
これは「柑皮症(かんぴしょう)」といわれる症状で、カロテノイド(主にβ-カロテンやβ-クリプトキサンチン)を含む食材などが多量に摂取されたことにより、血中のカロテノイド濃度が上昇することで起こります。
しかし、摂取を止めるとすぐに治まる症状であるため、長期間に渡って多量の摂取を行わなければ、症状自体に大きな問題はないといわれています。

[※1:脂溶性とは、油に溶けやすい性質のことです。ビタミン類ではビタミンAの他に、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが脂溶性ビタミンに分類されます。]
[※2:ビタミンB群とは、ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンB₁₂、ナイアシン、葉酸、ビオチン、パントテン酸の総称です。]

このページのトップへ

β(ベータ)カロテンの効果

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるため、ビタミンAとしての働きと、β-カロテンとしての働きの両方を兼ね備えています。

​​ ​

●夜盲症の予防・改善効果
β-カロテンからつくられるビタミンAは、視力を正常に保つ役目も担っており、特に夜盲症の予防や視力低下の抑制などが知られています。
夜盲症とは、夜間などの薄暗い場所や暗所において極端に視力が低下し、ものが見えづらくなる病気のことです。
人間は、明るさや暗さを目の奥に存在する網膜という場所で認識します。
網膜にある光を受け止める受容体[※3]には、色彩を捉えるものと、光を捉えるものの2種類があります。このうち光を捉える視物質の働きにビタミンAが関与しています。
しかし、ビタミンAが不足することで、網膜の光に対する反応が鈍くなり、薄暗い場所や夜間では、視力の低下を引き起こしてしまうのです。
β-カロテンを摂取することで、必要量のビタミンAを補うことができるため、ビタミンA不足による夜盲症や視力低下を予防することができます。

●黄斑変性症を予防する効果
β-カロテンの持つ抗酸化作用は、黄斑変性症を予防する効果につながっています。
β-カロテンは、抗酸化作用を持つほかのビタミン(ビタミンC、ビタミンEなど)や亜鉛などと一緒に経口摂取[※4]を行うことで、黄斑変性症[※5]の進行を遅らせる効果があると示唆されています。【9】

●粘膜を健康に保つ効果
β-カロテンから変換されるビタミンAには、人間の粘膜[※6]を丈夫にする働きがあるため、口、鼻、のど、肺、胃や腸の健康維持に効果的です。
粘膜が弱まると、体内に病原体やウイルスが侵入しやすくなるため、風邪をひきやすい、口内炎が出来やすい、歯茎が腫れているなどの症状はビタミンAの不足が考えられます。

●美肌効果
ビタミンAは皮膚の健康維持にも関与しています。皮膚の新陳代謝を高める作用も行っているため、ビタミンAの不足は肌のカサつき(乾燥肌)やニキビ肌などにもつながります。
美肌を保つためには日頃のスキンケアだけではなく、β-カロテンの適度な摂取も大切な条件なのです。

●体の成長を促進させる効果
ビタミンAには強い骨づくりのサポート、成長の促進などの効果があり、子どもの発育期におけるビタミンAの摂取不足は、成長の停止や知能障害などが欠乏症として現れる場合もあります。
成長期の子どもにとって、ビタミンAとして働くβ-カロテンは特に欠かすことのできない栄養素であると考えられています。

●ガンを予防および抑制する効果
年々、患者数が増加しているガンは、多くの細胞の遺伝子が活性酸素によって傷つけられることがきっかけとなり発生します。
β-カロテンの持つ抗酸化作用は、ガンのきっかけとなる遺伝子の損傷を防止する効果があり、ガンの予防や抑制の効果が期待できます。【3】

[※3:受容体とは、細胞表面や内部に存在している物質です。ホルモン・神経伝達物質・ウイルスなどと結合することにより、細胞の機能に影響を与えます。]
[※4:経口摂取とは、口を通して体内に取り入れることを指します。]
[※5:黄斑変性症とは、目の黄斑部が加齢などによって変性し、ゆがみや視野狭窄が起こり、放置しておくと最悪失明につながる病気のことです。アメリカでの失明率第1位の病気です。]
[※6:粘膜とは、消化管・呼吸器・排出器・生殖器などの内壁で、常に粘液で湿っている部分のことを指します。]

このページのトップへ

食事やサプリメントで摂取できます

○にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜
○みかんなどの柑橘類
○すいか

こんな方におすすめ

○夜盲症を予防・改善したい方
○黄斑変性症を予防したい方
○目の健康を維持したい方
○風邪をひきやすい方
○美肌を目指したい方
○成長期のお子様
○ガンを予防したい方

β(ベータ)カロテンの研究情報

【1】妊娠期の野性ラットに対してβ-カロテンを投与すると、胎盤中のLDL受容体関連たんぱく質の転写の低下が認められました。このことから、β-カロテンの摂取はLDLコレステロールの低下を促進することがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22739378

【2】酸化ストレスは、神経疾患であるアルツハイマー発病の中心的役割を果たすと考えられています。男女158名に対して、血中の抗酸化物質(ビタミンC,ビタミンE、β-カロテン、リコピン、コエンザイムQ10)の濃度を調べました。その結果、ビタミンC、β-カロテン濃度が認知症患者で低いことがわかりました。このことから、β-カロテン、ビタミンCの摂取がアルツハイマー予防に重要だということがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22710913

【3】前骨髄球性白血病細胞へ酸化ストレスを誘発させ、DNAを損傷させました。そこへ各種類のビタミンを添加し、DNA損傷について検証しました。その結果、ビタミンB群およびβ-カロテン、トコフェロールを与えた場合、酸化によるデオキシグアノシン化が起こらないことがわかりました。今回の研究により、各種ビタミンB群およびβ-カロテン、トコフェロールは、酸化ストレスを抑制し、DNA損傷を防ぐ働きがあることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22466670

もっと見る

このページのトップへ

参考文献

・日経ヘルス 編 サプリメント事典 日経BP社

・吉川敏一、岸田康史 (2009) “医療従事者のための サプリメント・機能性食品事典” 株式会社講談社エディトリアル

・中嶋洋子 著 食べ物栄養事典 主婦の友社

もっと見る

このページのトップへ

この成分を見た人はこんな成分も見ています